2008年12月08日

オープニングイベント決定

広島東洋カープ球団創設60周年 RCCテレビ開局50周年企画
新広島市民球場完成記念イベント

『新球場グランドオープン鯉祭り』

本日の RCCニュースによると
新球場のオープニングイベント開催が決定したようです。
上記のとおりHPにも詳細がUPされています。

内容は
2009年4月4日(土) 11:00〜17:00
テレビ・ラジオで実況生中継

施設内を一足早く見学することができるようです。

入場の受付は年明けから。RCCで行われるようです。


あーー 遂に 具体的な発表がありましたね。
入場者は 20000人 ということですが。

果たしてどれくらいの人が応募するのでしょうか??
是非ともイベントに参加して 完成のお祝いをしたいですね〜。



posted by よしだけんた at 19:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

座席区分の一端が。

カープ球団のHP。

来季のジュニアカープの募集要項

が発表されました。

その中で詳細では無いものの 座席区分の一端が見えています。

今季まではジュニアは外野自由席のフリーパスが特典でしたが、

新球場では 内野自由席のフリーパスが特典のようです。

その図によると、内野二階席の後ろ側の部分が自由席になるようです。

つまり 外野席はパフォーマンス席を除いて指定席になる公算が非常に高くなってきました。

現球場とは観客の流れが大きく変わりそうです。


基本的に二階席に客を呼ぶにはこの方法しかないと感じていましたので
これについては賛成です。

そうすると、チケットの値段は 内野二階席が一番安価になるのでしょうか。
それとも外野指定席と内野自由席が同額になるのでしょうか?


例えば ファンクラブの子供と一緒に家族が観に行く場合は大人はもちろん二階に入ります。
となれば 応援スタイルはやっぱりメガホンでカチャカチャする人たちも内野に多く入ることになりますね。 内野には静かに観たい人も多く行くと思われるのですが、
その辺の住み分けも無くなってきますね。

実際、やってみないことにはどうなるか分かりませんが、
このあたりが気がかりではあります。

また 座席の運用面ではもうだいぶん以前から指摘していますが、
自由席と指定席が混在しています。コンコースによって球場を自由に行き来することも出来ます。
ということで、現球場のように二階を買ってネット裏で自由に見れるというような杜撰な管理ではなく、
入り口でしっかりチケットをチェックするシステムを確立・運用していかなくてはいけません。


9月に内野SS指定席で観戦したときのことですが、
グラブを持った数人の子供たちが、ベンチ上で選手が投げ入れるボールを待ち構えていて、
キャッチした大人に対し、だれかれ構わず 『ボールください!!!』の連呼。
それも試合が終わるまでずっとです。まあその気持ちも分からなくはありませんが、
ものには節度、限度というものがあります。
はっきり言って 鬱陶しいです。
大人はしっかり教える必要があるし、球団も他の観客への配慮も含めて注意すべきと思いますが、
あの時点では何の注意喚起もありませんでした。

大野練習場等でも 見学客が色々なトラブルを起して見学し難い環境になりつつあるという話も伝え聞きます。

新球場に変わるのを切欠に、そういった件も含めて 観る側のマナーも見直されるべきだと思います。

それは、観客自身が気を付けるのはもちろんですが、

球団が、ある程度の線引きを示すことも必要ではないかと思うのです。

何でもかんでもガチガチのルールを決めるというのではなく、
最低限のマナー向上の指針みたいなもの。



最後に。

自由席が存在する ということは当然入場列は出来るわけですね。
今まで 本当に悲惨な対応しかすることができていない球団側。
何度も不満を口にする人を見かけましたし、自分もそういう目に遭いました。

新球場に恥じない、列整理の運用をはじめ 全ての運用の改善を求めたいですね。






それからもうひとつ。

特典の中に 4月4日の新球場プレイベントにご招待 というのがあります。

ということは 開幕戦の前にお披露目イベントみたいなものがあるのですね。

いや〜 どんなものになるのでしょうか。楽しみです。

とういうか 是非参加したいものです。

ということは 公募債の特典の見学会というのは このイベントへの招待ということなのかな?

posted by よしだけんた at 19:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

広告事業三井物産に

今朝の中国新聞によると

カープ球団は 新球場などの広告事業を大手商社の三井物産に委託するとのこと。

記事によれば

球場内のフェンス・看板広告

飲食・物販の販売権

選手のヘルメットの広告

企業名を冠とした応援席の命名権

等を販売。

また、

スポンサーゲームの企画・運営

カープの商標権の販売

など、広告事業を総合的に手掛ける。

既に、現球場の広告主を優先し契約更新交渉を進めているとのこと。


三井ということで ピンとくるのは 周辺施設を請け負うのが三井不動産を格としたグループであること。

そこらを踏まえての統一した運営になるということなのでしょうか。



外部に委託して統一した事業体系を取るということは、カープ球団にしては異例ですねw

こういったことで新しい発想も生まれ合理的な運営ができるのでしょうね。


ただ、忘れてはいけないのは、合理主義、拝金主義だけを追い求めて

一番大切な ファン重視、というかファンを大切にすることだけは忘れてはいけないと思うのです。

投下資金の回収を図ることはもちろん重要ですが、

それによってファンの心を蔑ろにすることは本末転倒。

地元に根付いた 情のある運営をしていただきたいものです。

なんでもかんでも杓子定規に融通の利かない押し付け主義ではファンは離れてしまいますよ。

これは 以前から書いていますが、ファンあってのカープ球団だし新球場。

ですから、場内物販を促進するがゆえに、

例えば、持ち込みの弁当や飲み物は禁止 などという馬鹿げた行為だけは有り得ませんよね。

ファンの方を向いた球団であって欲しいし、球場であってもらいたいものです。


新たな試みに期待しつつ、よりよい球場運営を望みます。

posted by よしだけんた at 09:24| Comment(10) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

風船、存続される?

こちらも 中国新聞より。

現球場の応援風景に欠かせないものとなっている ジェット風船飛ばし。

以前、こちらのブログでも話題にしたことがありますが。

JRの線路に非常に近いということでおそらく禁止になるのでは?という憶測を書きました。

しかし。 

本日の記事によれば球団側は風船をあまり飛ばないものに改良して存続する方針も模様。

既に、8月から改良に着手。いろんなものが考えられているようですね。

年間55万本を販売する商品ならそう易々と手放しませんよねw

一体、どのようなものになるんのでしょうか?果たしてファンの満足できる商品になるのか見ものです。



しかし、記事の最後にあった一文が引っ掛かります。

球団は、風船の飛び出しを防ぐネットの設置も検討中。

え!! ネット設置???

あの防球ネットより他に またネットを設置するの?

風船を防ぐにはそれなりの高さが必要ですが。

出来ることならば、この美しいデザインの球場に

またへんなネットなんか付けないでほしいものですね〜。

ネットよりも風船改良で何とかなりませんかね。



と、こんな記事を書いていたらまた現地に行きたくなりましたよ。

ちょっくら 行ってきますかね。またレポしますw
posted by よしだけんた at 08:47| Comment(16) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

ジェットバルーン

カープオリジナルジェットバルーン品切れのお知らせ (球団HP)



という告知が発表されました。

普通だったら在庫を抱えても来季に回せば済む話なのに

ラストイヤーで盛り上がるこの時期に追加発注をしていないということは

やはり 来季の新球場ではジェット風船は禁止になるのでしょうか?

この告知を見てふと思ったのでした。
posted by よしだけんた at 01:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

オープニングゲーム

来季の公式戦。 つまり新球場の開幕日が決定した模様。

4月10日の金曜日。 対戦相手は未定。



あー 結局、金曜日の開幕ですか。。

できれば 土曜日に開幕してもらいたかったのですが。

決まったものはしょうがない。

是非、プラチナチケットをゲットして 

来年の4月10日にはあのスタンドのどこかに座っていたいと思います。

それにしても チケット争奪戦は激しくなりそうですね。
posted by よしだけんた at 12:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

具体的

来年3月完成の新球場が球宴第2戦の会場に決定 (スポニチ)


来年3月に新球場が完成予定の広島が、来季の本拠地開幕戦が3カード目(4月10日)以降となるようセ・リーグ理事会で要望した。鈴木球団本部長は「完成は予定通り3月。引っ越しなどの準備があるし、お客さんを呼ぶイベントも考えているから」と話した。また球宴第2戦(7月25日)の会場となることも正式に決まった。



コンペから現在に至るまでずっと、新しい球場を建設することについての話題でしたが、

ここに来て初めての 球場を使用する具体的なニュースです。


来年の3月16日が完成予定日。球団側は、
引越し、開場の準備等で日数が必要なことを考慮して、
4月3日のプロ野球開幕から3カード目以降が地元開幕戦となる日程を希望したようです。
ビジター開幕の後は2カード目が地元の開幕が通例となっていますが、
3カード目以降というのは異例の措置ですね。

どうせ3カード目に開幕をするのなら、通常金土日に行う3連戦ですが、
平日の金曜日はやめて、4月11日の土曜日を地元開幕にするべきではないでしょうか?
是非、土曜日開幕を実現するように球団がはたらきかけるべきですね。
平日ナイターよりも 土曜日のデーゲーム。
観客も行きやすいですし、土曜日開幕を実現して欲しいものです。

posted by よしだけんた at 08:44| Comment(15) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

座席区分と料金

今回は 球場建設ではなくて 運営面について。

以前にも少しだけ書いたことがあるのですが、座席区分と料金について考えてみたいと思います。

まず、

今日、某掲示板をダダヨミしていたら 新聞記事のリンクが貼ってありまして。
で、その中に 我が球団のオーナーさんが、新球場の座席料金について
『300円から500円の値上げになるかもしれない。』
といったような発言をされていました。

こんな具体的な発言自体、初耳ですし、記事の信憑性はどうなのかよくわかりませんが。

しかし もしこの発言が本当だとしたら と、いろいろ考えてしまいました。

そこで、まず他球団の現状を調べてみました。
セリーグ全球団と、パリーグでは、新球場の形状が似ている楽天の本拠地Kスタ宮城。




座席−1.JPG
 座席ー2.JPG 

座席ー3.JPG

座席ー4.JPG     

希望的には 内野一階席の指定席は値上げもやむを得ないと思っています。
しかし、外野については 一部、特別な席 (のぞきチューブ、砂被り、レフト側二階三階席等) 以外の、指定席化には反対します。

つまり、レフトのセンター寄りの一階席、ライト一階席、ライト・レフトパフフォーマンス席は、自由席でお願いしたいです。

その代わり、特別なシートはそれなりの金額で販売しても需要はあると思います。
おそらく、特別席は年間シートとして販売される方が多く、一般に発売される席数は少ないと思われるので競争率も上がりそうな予感です。

また、現球場で不評の二階席。新球場でもかなりの席数がありますが、
他球場を見ても 値段はかなりお徳感があります。
二階はなるべく値段を抑えないと、現球場の二の舞になりそうです。

他球場で 特に気がついたのが 楽天の料金設定。
各指定席にも 大人と子供料金を区別しています。
これは、セリーグの他所にはない設定です。

自分自身が他球場に行っていないので詳細を完全に把握、理解することが困難ではありますが、
この表を見ての感想はこんなところです。


新球場は、広島という土地柄をわきまえて、身の丈にあった料金なり運営をしていただきたいものですね。

posted by よしだけんた at 22:47| Comment(4) | TrackBack(1) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

カープとフランチャイズ協定

新球場でカープと市が協定へ (中国新聞)


広島市は 今月末までに 新球場に関するフランチャイズ協定をカープと締結する模様。

これは、21日の市議会建設委員会で市が説明したもの。

将来に渡って本拠地とし、野球振興や地域貢献を求める内容。

また、球場の指定管理者にも公募なしで選定する予定。

カープの年間球場使用料を5億7900万円とする一方、
飲食・物販施設、広告看板、事務所の使用も法令に基づいて認める。



カープに球場管理を一任することになるのですが、
今までの球団のあり方が非常に自己本位で、
ファンのことなど二の次の対応が目立っているため、
今後、会社としての体質を根本から見直して、新たな体制になることが先決だと感じています。
今までと何も変わらないと、器は立派だが運営はお粗末極まりないものになりそうです。
この点が非常に気になります。


チーム本体も、相も変わらず悲惨な戦いを続けています。
夢の器も霞みそうです。
球団全体が 本当に変わってもらいたい そう思わずにはいられません。
posted by よしだけんた at 18:47| Comment(6) | TrackBack(1) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

球場運営

ちょっと気が早いのですが 来年からは新しい球場で公式戦を行うわけですから、
いろいろな運営方法が必要になるわけですが。

まず、基本的なところで客席の区割り。
指定席、自由席の割り振りがあると思うのですが。

ここで論じても どうなるわけでもないのですが どのような形がいいのですかね。

他球場の現状なども調べてみましたが いろいろですね。



自分の勝手な希望を言うと
外野は今同様自由席で。
でも 難しいでしょうねー。パフォーマンスシートは自由席でしょうけど。
あとの一階席は指定になりそうな予感。
でも 指定にすると盛り上がりませんよね〜。ナゴヤとか。。。

内野は間違いなく全席指定になるのでしょうけど。
おそらく二階席は現在でも不評ですから、
ブームが去って通常モードに帰ったときには苦戦するでしょう。
その対策として、二階席の値段はかなり低目に設定すべきだと思います。
その分、パーティー席やVIP席、砂被り席などは高額でも構わないと思いますが。
そういうメリハリをつければ万人に受ける球場になるのではないでしょうか。

そして、この関連で、
周回コンコースを設けている球場としての課題。
外野席の観客も内野に自由に移動できるということは、
券種の管理を完璧にしないと、間違いなく混乱を招くことになります。
現球場では二階席を買って入場してもネット裏の空いてる席で観戦することは
事実上出来てしまいます。
新球場では、その可能性を無くするためにも人員配置を完璧にしてもらいたいです。
調べてみると、内野一階席だけでもコンコースから客席に入る階段が46箇所あります。
この全ての箇所に検札員を配置することが必須条件になるような気がします。
でも、これだけの人件費が費用対効果として成り立つのか不安です。
他球場ではどのような管理をしてるのでしょうか。

どなたか情報をお持ちの方、教えていただければありがたいです。

と、こんな問題提起をしてみましたが、皆さんのご意見をいろいろ聞いてみたい気もします。
とにかくカープ球団には、隅々まで気の利いた顧客サービスをしていただきたいものです。
現状の体制では、夢の器が泣きますよ。心して掛かっていただいきたいものです。
posted by よしだけんた at 21:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする