2009年06月04日

選手の思い。

自分は、新球場の計画が計画が立ち始めたころから、

球場は、まずカープのために作られるものである と書いています。

で、そんなカープのために作られた球場で、選手はどう思っているのかと考えたりしてました。


そんな中で、 カープの関係の人たちのブログに それを知る事ができるエントリーがありました。

それが こちら。

広池浩司投手のブログ

鈴川卓也トレーナーのブログ


広池投手のブログでは、このブログでも以前から言ってたように

気象条件も野球の一部というくだりがあり、選手自身の意見として、

屋外球場がいい という言葉を聞くと 納得させられます。


また、鈴川トレーナーのブログの中では、

石井琢朗選手の様子や、鈴川さん本人の言葉から、

オープン天然芝の球場でプレーする選手や関係者の生の喜びが伝わります。


つくづく この球場でよかった と思う一瞬でした。




posted by よしだけんた at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

画になる映像

昨日の西武戦での栗原のホームランの場面の映像を見ましたが。

レフトスタンドの一階に飛び込むホームランでしたが、低目の球をすくい上げて

高く舞い上がった、弾道の高い打球。

それを、一塁側のカメラから追っていました。

そこで、球場の向こうを走る高架にちょうど新幹線が広島駅方向から通過中。

野球だけではなくて、球場外の景色までもが演出の一部に。

これぞ、開かれた野球場の真骨頂ですね。

TV局側も、

もっとこういう演出を意識した中継を目指して、楽しい放送にしてもらいたいものですね。

posted by よしだけんた at 21:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

このカタチの礎。


環境デザイン研究所

ついに こちらのHPに 新広島市民球場が 作品として掲載されました。

思えば、

2006年9月28日

全ては ここから始まったのですね。

この環境デザイン研究所のデザインが全ての礎。

これが 今 形に。

感無量ですね。


posted by よしだけんた at 23:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

竣工式の映像などなど。

土曜日の竣工式のニュースを 各局が報じておりましたね。

中でも 土曜日のNHKサタデースポーツで全国的に流れたときには
かなり嬉しかったですね〜。


各局の映像を見る中で、初めての映像もいくつかありました。

びっくりテラスのバーベキューの設備。

外野バックスクリーン横の寝ソベリア。

内野パーティーテラス。
以前は何も無いただのスペースだけでしたが、木製のベンチとテーブル、
テーブル横には花も飾られ、
壁面にはペイントが描かれて華やかなスペースとなっておりました。

内野砂被り席の最前列のカップホルダーは、前面の壁に取り付けられています。

3塁側のビジターチームのロッカーも公開。
やはり、ビジター用の椅子は以前指摘した事務用椅子でした。
これが、5人分の列が6列。横に10人分が1列。
旧市民球場からしたら雲泥の差ですねw
しかし、選手のブログで公開されたカープのロッカーと比較すると、
これまた雲泥の差w
まあ これぐらいいいでしょw



また、あらためて気付いたのですが、
バックスクリーン左側の外野スタンド内中断には、壁があって
そこにも企業の広告が描かれているのですね〜。




今日のNHKの番組の中では、広島市新球場建設部の佐名田課長さんをとりあげ、
設計秘話を話されておりました。

以前、こちらのブログでもシンポジウムのときに取り上げたことがあったのですが、
コストをいかに削るか、ということについて。

大リーグの球場を視察するにも、市の予算が認められず、結局部下2人が自費で渡米。
4箇所の球場を見て周ったとのこと。
そして、最も参考にしたのが、SFジャイアンツのAT&Tパーク。
以前にも書きましたが、配管がむき出しの天井。しかし、客席はゆったり快適。
かけるところはかける、削るところは削るという合理的発想。

これは、初情報ですが、
ネット裏二階席の壁面を、カーブの部材を使わずに真っ直ぐな鋼材を組み合わせて
繋いで曲線部を作ったとのこと。これで2割以上のコスト削減。

また、内野スタンドなどの手すり。
割高なステンレスの材質はやめて、亜鉛メッキを施した鉄製のものを設置。
これで3割以上のコストダウン。


ここまで完成してから、このような新しい事実を知るにつけ、
もっともっと興味もわいてきます。
まだまだいろんな事を知りたくなりました。

また、こんなに考えられた球場を思うとき、
ほんとに大切に使っていかなければいけないと
あらためて思わされました。
posted by よしだけんた at 21:53| Comment(16) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

カープが22億円負担

以前の市議会の記事で、

カープ球団は占有部分にいくら負担したのかを明らかにせよ という市議の質問があり、

その当時は、

工事中なので金額も確定していないのでは? と記事を書いたことがありました。


本日の中国新聞に、関連記事が載りました。


球団独自負担の内容は、(概算で)

▽選手ロッカーやトレーニング機器等 1億円

▽右翼二階席とコンコースの防音壁 6300万円

スポーツバーの内装工事費 2000万円

など、 となっています。

球団だけが使用する、ロッカールームなどのエリアも床や天井張り、

消火用スプリンクラー設置費用を負担。

スイートルームの窓ガラスが照明を反射する不具合のため、防止フィルムを張る費用も負担。

また、入場券販売のコンピューターシステムや事務所移転費用も別途負担。

球団は全額、地元金融機関から融資を受けるようです。


と、ここで疑問が。

あのバックネット裏に設置されたリボンビジョンは、球団が負担して設置したのかと思っていましたが、本日の報道にはその記述がありませんでした。
数字の合計をしてみると、1億8300万円になりますが、残りの金額のうちにそれも入っているでしょうか?
はたして、その真相はいかに。
詳細な内訳を見てみたいですね。


こうやって、90億円プラス22億円のプロ野球の本拠地は出来上がりました。
posted by よしだけんた at 09:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日竣工


今朝の中国新聞。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200903280018.html



また、紙面では 全面広告で本日の竣工を伝えています。

数多くの企業名が並んでいます。

IMG_3645.JPG


多くの人の思いが やっと 正式なかたちとなります。

万感の思いです。

 
 
 



 

posted by よしだけんた at 08:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

ロッカー初公開

石井琢朗選手のブログ。

毎日 楽しみに見ているのですが。

本日 選手用のロッカールーム初公開ですね。

想像以上に綺麗です。

個人のロッカーも広い。

なんと帽子が5個も!
グローブは6個!

そしてそして、

以前、入札の記事のときに書いた、ロッカー用の椅子ですが。

あの事務用椅子は、一般用のロッカーのものだったようですね。

こちらの椅子は、少なくとも事務用椅子ではないようです。


それにしても ひろーーーーいですねw
posted by よしだけんた at 22:34| Comment(12) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報道公開:いよいよ大詰め


本日、おそらく竣工までにはこれが最後となるであろう
報道陣への一斉公開がおこなわれたようです。

今日は主に飲食店を公開。

本番までにアルバイトへの指導が行われるようでその様子が映されていました。
ハンバーガーの包み紙にはカープのロゴが。
メニュー表も設置されていましたが、文字が細かすぎて読み取れず。


グラウンドのでは、主役であるカープの選手が練習中。

座席には、座席番号のプレートが取り付けられ、

内外野のフェンスには、広告も書かれていますね。

そして、ライトスタンド奥にある、ユニコーンの広告も一瞬だけ映されていました。
よく見てみると 『カモーンSETSTOK』と書かれているような気が。
夢番地さんが出された広告なのでしょうかね?

レフト後方のただみエリア。
見学時には唯一球場の中が覗ける箇所だったわけですが、
今日の映像では、青のビニールシートで目隠しがしてありましたね〜。
残念ですね〜。
まあ 完成すれば思う存分見られるわけですから、
あと少しの我慢です。


こういう報道を見ると、ますます現地に行きたくなります。

また 近いうちに行くしかないでしょう。

周辺の変化の具合も見てきたいと思いますよ。





posted by よしだけんた at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

球団公式でパノラマビュー

マツダ スタジアムを紹介する特設ホームページ開設!!  球団公式HP

遂にホームページ内に球場紹介ページが開設されました。

RCCとの合作のようですが、かなり力入ってますね。


ここで 初公開された箇所がいくつかありますね〜。

特に スウィートルームは初公開ですね。

大型のモニターにソファーにテーブル。外側にはこれまた特別の観戦シートが。
革張りなのか、フカフカな感じですね〜。
どなたがお座りになられるのでありましょーかw
羨ましいかぎりでございます。


そして、一塁側と三塁側の砂かぶり席が 『KIRINシート』 に。 

こうやって座席に名前が付くのも、新球場であるがゆえですね。
また、三井のなせる業でもあるのでしょう。


こうやって 多くのファンに関心を持ってもらいたくさん球場に来ていただきたいものですね〜。




posted by よしだけんた at 21:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

お天気カメラ その3

先日 広島テレビの夕方のニュースを見ていたら、

お天気カメラの映像に新球場が映し出されておりました。

去年の2月に こんな記事 を書いた事がありました。

駅北口のホテルグランビアの屋上に、

カメラを設置して工事現場を映して欲しいという記事なのですが。


この記事を読んでいただいたのかどうなのかww

やっと 広島テレビのお天気カメラに新球場が登場しました。

RCCは球場すぐそばに工事中からカメラを設置していますし、

NHKもたまに朝の駅の映像に新球場が映るときがありますね〜。


出来れば 工事中だった時期もこのカメラで映して欲しかったのですがw贅沢ですねw



ところで 

4月10日の 新球場開場の試合を

広島テレビが独占生中継ということです。

是非、試合開始前のセレモニーから試合終了まで特別に中継して欲しいものですね。






posted by よしだけんた at 19:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

リボンビジョン輝く

本日は 夕方からカープの選手がナイター照明のチェックも兼ねて練習をしたようですね。

また、報道陣にも場内が公開されたようで、各局のニュースで伝えていました。

RCCニュースにリンクしておきます。

RCC  http://news.rcc.jp/?i=ODAzNg==&#a



まず、以前、市に問い合わせて回答をいただいたリボンビジョンですが、
既に設置されていて、今日点灯試験が行われたようです。
横57.6メートル 縦1メートル の大きさで
千葉マリンや甲子園とほぼ同じ大きさとのこと。
映像でみましたが、かなり球場に華を添える設備ですね〜。

また、内野のサブスコアボードも点灯されていました。


そして、先日から始まったライトパフォーマンス席の工事ですが、
周辺への騒音対策のため、防音工事を行っているようです。
同時に看板も取り付けられるのでしょうか?


内野正面の砂かぶり席からの眺めは壮観ですね〜。
ベンチのすぐ横で、選手の会話も聞こえてきそうですね。


それにしても、赤い選手たちがグラウンドに集合している映像も流れましたが、
これでこその新球場です。
いよいよ本番を待つばかりですね。


進捗率は97%。 早く中に入って球場の隅から隅までを堪能したいですね〜。

posted by よしだけんた at 19:25| Comment(20) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

実地テスト


今日は 少しの情報です。

RCCの夕方の情報番組内のソースですが、

来週、野球中継のカメラテスト と

カープ選手が参加しての夜間照明のテストが行われるようです。

詳細な日程の情報は残念ながらありません。

完成式まで 一ヶ月。

最終的な実地テストも本格化していきます。


中国新聞には こんな記事も。

【速報】新球場完成まであと1カ月。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200902270216.html






posted by よしだけんた at 17:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

市議会定例会総括質問PARTU


本日も広島市議会総括質問において新球場関連の質問がありました。
質問者は 母谷議員(自由民主党新政クラブ)

市HPの録画中継で見てみましたよ。


質問内容と市側の答弁を書いてみます。


@経済界から当初見込みの11.5億円を大幅に上回る16.8億円の寄付をいただいているが、
今後に資金使途はどのようにするつもりなのか?
寄付者の顕彰はどのように考えているのか。

A.寄付の主旨を踏まえ、施設機能の向上に必要な追加整備に充てる。
寄付を取りまとめた商工会議所と協議を行った結果、平成22年3月が寄付募集の期限であるため、
その時期に再度協議を行って使途を決定していく。

また、寄付者の顕彰について
募集時のインセンティブで100万円以上の寄付者の名前を掲示するとしている。
また、金額に関わらず全ての寄付者に感謝状を贈る。


Aミニ公募債を発行し20億円の資金を調達したが、総額は66億万円もの多くの募集があったのに
多くの方のこの善意と誇りを無にするのはいかがなものか。
総額を受け入れて関連事業の資金にすべきではないのか?

A.建設資金は通常20〜30年の償還で借り入れをしている。これは借り換え回数を減らして金利変動リスクを回避する目的がある。しかし、市民の方に愛着を持ってもらい多く来場をしてもらうためミニ公募債を発行し、5年償還の資金を調達することにした。5年償還の資金は借り換え回数が増えリスクも大きくなるため20億という金額を設定した。

Bカープ球団は90億の建設資金に一切関わっていないが、どのような負担をしどのような
自浄努力をしたのか。また市としてどのような協力を求めたのか。

A.球場内の選手関連設備、売店等営利事業の設備に関してはカープ球団が整備する。
具体的には 内装、塗装、水道、ガス、電気、空調、トレーニング機器等の備品。
現段階では工事中であり球団は金額の公表は控えたいとしている。

なお、建設費については、土地取得費55億円、建設費90億円 計145億円のうち、約76億円(全体の52%)を球場使用料の形で求めており、球団もこれを了承している。


C旧市民球場では管理事務所という組織があったが新球場にはそれがない。
カープが指定管理者になっているが、このままではカープ専用球場になってしまう懸念がある。
これまでどおりの市民サービスはおこなわれるのか。

A.指定管理者制度を導入し、管理者を指導監督していくので市の管理事務所の設置はおこなわない。
球団は管理者であり、主たる利用者でもあるため、公平な利用の確保することを条件としている。


D市民のシンボルとしての球場であるから、広島市民球場という名称は残るのか?
球場への看板の設置はするのか?

A.4月1日より現球場を旧広島市民球場、新球場を広島市民球場と 名称を変更する。
看板については、正面玄関のわかりやすい場所に広島市民球場という看板を設置する。

F5年後のネーミングライツの期限後、新たに契約する場合、
地場企業を優先すべきと思うがどのように考えているのか。

A.次期の募集時点での社会経済状況等も踏まえて検討する。



再質問にて。
G100万円以上の寄付者は球場内に名前を表示するとのことだが、
ラインを設けず寄付者是全員を表記したらどうか。
ミニ公募債の応募者にも同様にしてあげなさいよ。

Hミニ公募債募集で応募のあった66億円を市の財源に充てたらいいじゃないか。何で出来ないのか。
おかしいですよ。また、広島県も11.5億円の負担をすることになっているが、債券で10億円を負担してもらう。では、実質、1・5億円しか負担しないことになるが どうなっているのか?

Iカープの球場内整備はいくら掛かっているのか発表してください。
現段階でわからないのではおかしいじゃないですか。


長くなりましたが、このような質問でありました。

いろいろ思うことがありますね。

まず、以前ここでも書いたことがありますが、
公募債で調達した資金は寄付ではないんですよね。
県が1.5億しか負担しないなんてことは有り得ないですね。
公募債で調達する資金も返済しなければならない資金ですから。
寄付と起債を混同されておられるのでしょうか。

また カープ球団が負担する工事の金額を今示せ。と執拗に言われておりますが、
現在工事中の案件で最中なのに工事金額が確定しているとは思えませんね。
工事が全て終わってから請求をもとに集計し発表すればよいものと思われます。
これも発表しないとなると問題ですが。

それと カープ球団が土地取得費用・建設費 合計145億円のうち76億円を負担すると
なっている件ですが、
初めて聞いたような気がします。
90億円のうちの30数億円の話はありましたが、
76億円ははつみみです。自分の情報不足でしょうか。


このような新球場関連の質疑応答を聞くのは かなり面白いですね。
各会派の思惑がにじみ出ていてw

また なにかあったら書きたいと思います。

posted by よしだけんた at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

場内放送テスト?

そういえば 昨日のレポで書き忘れていたのですが。

周辺を歩いていたときに 場内から放送のような声が聞こえてきたんですよね。

もしかしたら 場内放送のテストが行われていたのでしょうか。

何かの聞き間違いかもしれませんが。

どなたか 聞かれた方 いらっしゃらないですか〜??
posted by よしだけんた at 20:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

広島市新年度予算


昨日のアストラム新駅の話題も新年度予算の関連でしたが、

本日の新聞に 広島市新年度予算案が掲載されました。

その中で 新球場関連の予算について 載せておきます。



まず かなり大きな見出しで書かれていたのが、

●『新球場に太陽光発電  プロ球団初』
工事費9400万円を予算に計上。
今シーズン終了後、球場屋根に太陽光パネルの設置工事に着手。
2010年春の稼動を目指す。
電力量は、一時間当たり100キロワット。
ナイター一試合分の3.3%


その他では、昨日記事にした、
●JR広島駅の南北を繋ぐ自由通路の設計費 9503万円

●新球場施設整備・管理運営 26231万円

●西蟹屋プロムナード施設整備 80万円

●新球場への歩行者用道路整備 15250万円

●ヤード跡地地区開発等の推進 1359万円

などです。
細かな内容については書かれていないのでどのようなものに使われるのかは不明ですが。
歩行者用道路の整備には、以前に言われていたペデストリアンデッキの費用も含まれるのでしょうか。
気になるところです。

市議会jは16日開会。注目してみたいものです。





posted by よしだけんた at 23:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アストラム新駅予算

中国新聞より。

アストラム新駅へ予算計上 というような記事が載りました。

以前に、こんな記事 や こんな記事 を 書いたことがあります。

45億という建設費用の問題が最大のネックになっていたのですが、

このたび 広島市が 初期段階とは言え流動調査の予算を計上したよいうことは、

国との話し合いが積極的な方向を向いてきており という市長の発言もあり

それなりの手ごたえを感じているのでしょうか。


ここが連結されると、安佐南区方面からの広島駅へのアクセスが格段に早くなるのではないでしょうか。

ということは、おのずと 新球場へのアクセスも改善されるということ。

アストラム沿線の住民の方にとっては、紙屋町経由の広島駅の無駄が省けますね。


実際にはどうなるかわかりませんが、この一歩が完成に向けての始まりになればと

期待しております。



追記

本日の新聞にて WEB版にはないコメントが載っておりました。

市都市交通部は、
『調査とともに事業の枠組みを検討し、国補助を受け2010年度には事業化したい。』
とのことです。
2010年度ということは、来年度。
かなり進んだ計画なんですね。

今後は 市・JR・広島高速交通の3者での資金負担割合協議が鍵になるとのこと。
やはり、行き着くところは資金の問題ですね。
posted by よしだけんた at 00:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

報道公開@大型ビジョンとか。

先日からの照明テストに続き、本日は報道に公開されたようですね。

夕方のニュースで各社放送していました。

いろいろな映像が見れて ワクワク感が一段と増してまいりました。


今日は、まず 大型ビジョンのテストも行われたようで、大きな画面に画像が映されていましたね。
TVの画面ではそのスケール感がわかりませんが実際みると大きさを感じるでしょうね。

ライトののぞきチューブ。
こりゃ、カープ球団本気ですね!!w
煉瓦の壁、その一部がえぐられた演出、巨大バットのオブジェ、
そして、奥の壁には壁をえぐって飛んできた巨大ボールがめり込む!
遊びこころ満載ですね。
あおの映像を見ただけでワクワクでしたw

二階席のテラスシート。
木製の椅子とテーブル、そして
ベンチ。
雰囲気がいいですね〜。

レフトの砂被り席。
思ったよりも座席の数が多い印象です。
映像から判断すると、一番下から7列あるようです。

その他、映像からわかったのは、
三塁側内野席の一番レフト寄りあたりの座席は、固定式の背もたれ付きシート。
外野の一般席もそれと同様のようです。

また、内野二階席の出っ張り部分の緑色の座席は、
以前書いたとおり、背もたれとまではいかず、
お尻部分が隠れるほどのものがある座席でした。

コンコースも実際に映されましたが、
店舗のシャッターも取り付けられお店の雰囲気はすっかり感じられます。
それにしてもコンコースが広い!!


カメラマン席の屋根も取り付けられております。


グラウンドにはブルドーザーとローラー車が入っていて、
先日のカープ選手のチェックで、土が軟らかすぎるという指摘を受けて
固めなおす作業が行われているようです。

来月初めには 実際にカープの選手にナイター練習をしてもらって
照明の角度など、最終チェックをするようです。

急ピッチで工事が進む背景には、
早めに完成させて、カープに練習をさせる時間を与えてアドバンテージを与えてあげいとの
思いがあるようです。


またまた 詳細な情報がわかってきましたね。
完成までには、これが最後の報道公開になるのでしょうか?

早く中に入ってみたいという思いがますます強くなってまいりましたよ。


posted by よしだけんた at 22:20| Comment(16) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

リボンビジョン

以前より こちらのブログのコメントには色んなことを書いていただいているのですが、

先日来、

『ネット裏二階席の前面フェンスが緑ではなく、黒いのですが・・・』

という主旨のコメントをよくいただいています。

で、自分も全くその情報を持っていませんでしたので、

広島市の担当の方にメールにて質問してみました。

そして、本日その回答をいただきました。


回答によると、

皆さんが思っておられたとおり、

あの前面には リボンビジョンが設置されるとのことです。

詳細については 全くわからないのですが、

その事実だけはメール 回答いただいたとおり間違いないです。


ということで、多くの人が設置を希望されていただけに、

球場の華やかさに一役買うリボビジョンに ますます期待は高まりますね。
posted by よしだけんた at 20:57| Comment(29) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

カープ坊や。


本日 2月1日。
今年の球団のHPはリニューアル。と同時にグッズも一新。
そのカタログが本日うちにも届きました。

カタログ2.JPG


この表紙の写真には少々逸話が。

このカープ坊やは、
見学スペースに行かれたことがある方にはすぐおわかりかと思いますが、
見学スペースの脇のフェンスに描かれています。

実は、これを描いているまさにその時、偶然にもその場に居合わせておりました。

もちろん、カメラを持っていましたのでその様子を撮影していたところ、
担当の方から、
このことは、2月までナイショにしておいてくださいね!w
と、釘をさされておりました。

来年のグッズカタログの表紙にしますから ということでした。
まさに そのとおりでした。

ということで、その時の様子を少々載せてしまいます。

ペイント1.JPG


マスキングされたぼうやw どろぼうみたいw
ペイント5.JPG



ペイント2.JPG


撮影風景
ペイント3.JPG


そして これが まさに カタログの写真の一歩手前w
ペイント4.JPG



新球場工事見学の裏には こんなこともありました。


今日は 以上です。


ちなみに これを企画されたのは 

みづま工房 という会社の方々ですよ。
posted by よしだけんた at 20:27| Comment(10) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

どう戦う?新球場とカープ

本日は  以前から申し込んでおりました、

広島国際大学 現代社会学部主催の 『どう戦う? 新球場とカープ』

というシンポジウムに参加してまいりました。

パンフ.JPG



こういう討論会は 初めての参加だったのですが、とりあえず有意義であったと思います。

この会への参加の動機ですが、

広島市都市活性化局 新球場建設部 工務担当課長 佐名田敬荘氏 が

パネラーとして参加されたからです。

是非とも 現場の生の声を聞いてみたかったのが 第一の動機ですね。


この会は 
まず 元カープの野村謙二郎さんの基調講演から。
30分ほどでしたが、新球場への思い、カープへの思いなどを話されました。
そして、残りの時間は 司会者とパネラーのディスカッション。そして質問タイム。
という流れでした。


約2時間という長い内容ですので ここには全てを書ききれません。
というわけで、佐名田課長さんの話で印象に残ったことを書いてみたいと思います。

最初に、ゲストの野村謙二郎氏との逸話。
野村氏も球場建設について幾つかの要望を市側に出していた と。
一つは、ブルペンが観客席から見えるようにして欲しい。
二つは、育児室のような部屋を設けて欲しい。
三つは、選手として照明がまぶしくないように、プレーに影響が出にくくして欲しい。
という3点。

ブルペンにつては、予算の関係等でスタンド下にせざるを得なかった とのこと。
育児室に関しては、親子室という部屋をコンコースレベルに2部屋設けてある。
照明に関しては、他所の球場では二階席の屋根に横並びに照明を取り付けているが、
新球場は屋根の高さが低いことで それが難しい。コスト的にはかかるけれども6基の照明塔を立てることにした。しかも従来の横長ではなく縦長にしたのも選手に配慮してとのこと。

まず、課長さんが着任されたのは、
第一次の建設・設計コンペがボツになった後、第二次の設計コンペを開かなければならないという段取りの真っ最中の平成18年4月。
完成時期は、既に平成21年3月と決定している中、どのように段取りをするかという問題に直面されたそうです。

そのコンペ後、設計が上がってきたら 今度は90億という限られた予算の中、
コスト的にかなり厳しいものがあったそうです。
で、その時期は 毎日、設計図を見ながら球場の一階から七階までを頭に浮かべながら
それを三周ぐるぐると回るぐらい考えたとのこと。
いかにして、予算内におさめるか、どこの部分が削れるか。 と。

そんな話の中で、
大リーグの球場をかなり参考にした というのはよく知られていますが、
大リーグは 合理的に出来ている件に注目。
椅子や部屋など 機能面は最大限生かしながら削れるところは削る。
いい意味で手を抜くところは抜いている ケチるとことはケチる と。
例えば、新球場でコンコース天井部分などに給水排水の配管や電気配線のケーブルラックなどが丸見えになっているのは、まさにそれで、日本では天井を張り上げて中が見えないようにするが、
大リーグでは丸見えのままだ と。
大リーグの合理性を充分研究して そういう形にした とのこと。

また、これからのことですが、
通常、建物が完成してからは使用する準備に3ヶ月ぐらいをみているが、
今回の場合は3月の完成してから1ヶ月もないので、これまで以上に大変な作業が待っている。
特に、カープ球団は準備で大変であろう と言っておられました。

そのほか、球場については 

建物の耐震性能について 通常の建物の1.25倍の強度にしてあるので
簡単には壊れない そうですよw

また、観客のメインの入り口については
スロープからのメインゲート、球場正面のエントランス、
そして、レフトスタンド後方に外野のエントランスを設けるとのこと。
この外野の部分については、初めて聞いた気がします。


こんな 感じで 課長さんの話をしみじみと聞きました。


その他、特に印象に残ったことは、

野村氏が 観客から見えるブルペンに相当拘っていたのが印象的でした。
これは、解説者の立場として投手交代の時間が掛かりすぎるのが非常に気になるようで、
誰が出てくるかわからないし、イライラ感がつのる、観客の不満があるのでは? と。
それで、見えるブルペンに拘ったそうです。

あと、駅からの動線について、
駅からワクワクするような雰囲気を作って欲しい と。
選手の写真入のバナーなどを設置して、盛り上げて欲しい。
選手は自分の宣伝にのなるのだから、
僕だったら、自分で金出してでも 自分の写真を飾るようにするよ! と。


こんな感じのシンポジウムでした。
球場の説明については、既に知られていることの説明が多かったのですが、
課長さんの直接の話を聞けたことは非常に有意義でした。

そして、野村氏の球場とカープについて熱い思いも非常に伝わりました。


また 何か思うことがあれば書いてみたいと思います。
posted by よしだけんた at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。