2008年05月22日

カープとフランチャイズ協定

新球場でカープと市が協定へ (中国新聞)


広島市は 今月末までに 新球場に関するフランチャイズ協定をカープと締結する模様。

これは、21日の市議会建設委員会で市が説明したもの。

将来に渡って本拠地とし、野球振興や地域貢献を求める内容。

また、球場の指定管理者にも公募なしで選定する予定。

カープの年間球場使用料を5億7900万円とする一方、
飲食・物販施設、広告看板、事務所の使用も法令に基づいて認める。



カープに球場管理を一任することになるのですが、
今までの球団のあり方が非常に自己本位で、
ファンのことなど二の次の対応が目立っているため、
今後、会社としての体質を根本から見直して、新たな体制になることが先決だと感じています。
今までと何も変わらないと、器は立派だが運営はお粗末極まりないものになりそうです。
この点が非常に気になります。


チーム本体も、相も変わらず悲惨な戦いを続けています。
夢の器も霞みそうです。
球団全体が 本当に変わってもらいたい そう思わずにはいられません。


posted by よしだけんた at 18:47| Comment(6) | TrackBack(1) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

新球場はカープとフランチャイズ協定を結ぶことになりましたが、カープには本格的に体質改善をしてもらいたいです。
球場は立派なのに、肝心のカープがしっかりしないと、新球場の魅力が半減してしまいます。
新球場のおかげで広島駅周辺が生まれ変わるので、今度はカープがそれに応える番だと思います。
カープにはそれだけの力があるのですから・・・。
Posted by トシくん at 2008年05月22日 20:38
>トシくんさん

コメントありがとうございます。
ほんとうに変わって欲しいですね。
現状、ファンのことを第一になんてことは到底思えず、、、。
混雑時の列整理ですら満足にできませんから。
今年の市民球場ラストイヤーにしたって、
何一つとしてインパクトのある企画はありません。
これでは、先が思いやられます。
真剣に変わってもらいたいものです。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年05月23日 00:52
ヨシケンさん、こんばんわ。協定の件、年間球場使用料5億7900万円。 これがキーワードです。 新球場をヤードへ建てる時、初期のコンペ段階ではドーム推進派(主にヤード推進派)が商工会議所を中心に広島市に対してドーム球場を求めていました。 当時の商議所・会頭は池内氏。
そこで年間球場使用料を資産すると、ドームの場合、10億円から12億円になるという計算でした。それに猛反発したのがカープ球団と現オーナーです。「とてもじゃないが、払えない。」という理由でした。 しかし、市民の中でも屋根付き球場への思いは強く、財界トップもその必要性を理解していました。 そこで市が考えたのが、外資系不動産会社サイモンでした。 2,002年から03年の当時、サイモンは広島の新球場に興味を示し、350億円から380億円ぐらい投資しても良いと言っていました。 「この金額ならサイモンを説得すれば十分ドーム球場は可能だ」ということでサイモンを呼んで、コンペに参加させたのです。市の見解としては「新球場を自治体が中心でやるのなら、頑張っても100億円以内が限度」 よって、サイモンは魅力的なわけです。 サイモンと鹿島建設がタッグを組んで、トントン拍子で新球場計画が進んでいきました。そして、この2社が主体のチーム・エンティアムが予定通りコンペで指名されるに至りました。100%民間企業出資による新球場の計画。 ヤードの土地は市が54億円で国鉄精算事業団から取得。 こういう段取りでした。 ところが、サイモンが「屋根を付けない」と頑として聞かないので、計画がなかなか進みませんでした。 市としてはサイモンに屋根を付けるだけの資金的余裕があると見て、屋根架けまたは将来の屋根架けの約束のようなものを取り付けたかったのです。 そうこうしているうちに、2003年12月、「サイモン不動産が新球場への参加を撤退する」という事件が起こったのです。     続き
Posted by 二代目・毛利隆元(元就の長男) at 2008年05月23日 20:33
>毛利さん

コメントありがとうございます。
詳しい経緯を書いていただきありがとうございます。
そうですね。当初はドームを推進されていましたね。皆さんが。
その後のサイモンの件も、
結局、総投資額からいうと現在出来上がろうとしてるものとあまり遜色がないものとなってきますね。

これは自分の思いなのですが、
屋根について、野球場には必要ないと思っています。これは、ドーム論、屋根架け論があるときからずっと思っています。
屋根の無い開放感の中で観戦する野球が大好きだからです。
年間に中止になるのはせいぜい数試合。このために巨費を投じて作るのはバカらしいですし。
また、野球場で他のイベントをするというのがとてもナンセンスだとも感じています。
野球場は野球をするために作ればいいと思っています。ですから、今の野球場のデザインにはとても満足しています。
将来的に屋根を!という論議もありますが、
自分はすべきでないという意見です。

それよりも他にお金をかけるところはあると思います。

続きがあるようですので、またお待ちしてます。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年05月24日 01:28
管理人さんのおっしゃるように屋根がないだけでなく、開放感が必要だと思いますね。千葉マリンなどはオープンですが、あれは開放感のない球場です。
Posted by 通りすがり at 2008年05月27日 00:15
>通りすがりさん

コメントありがとうございます。
開放感大事ですよね。
千葉マリン、あそこは360度壁に囲まれてますよね。ドームの屋根が無いバージョンのように。
風の問題もあるのでしょうが、開放感がないのはやはり魅力的ではないですね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年05月27日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カープ、「夢」とフランチャイズ協定を結ぶ
Excerpt: 新球場でカープと市が協定へ(中国新聞地域ニュース) 広島市は今月末までに、カープと新球場に関するフランチャイズ協定を結ぶようだ。 内容は、将来にわたって本拠地とし、野球振興や地域貢献を求めるもので、..
Weblog: だらだら広島生活
Tracked: 2008-05-22 19:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。