2008年05月12日

メディアに見る進捗状況

本日は 3件のメディアの話題から進捗をみてみましたよ。


まず お馴染みの ほじゃねっとさん。

ちょっと 見落としておりましたが、5月9日 映像が更新されております。


ほじゃねっと 新球場への道

この角度から見ると、ネット裏あたりの2階部分がかなりよくわかりますね〜。



そして、先日10日の新聞紙上にも記事が載りましたが、
中国新聞の 特集記事 

夢のボールパーク

この記事の中で 空撮の動画を見ることができます。

5月7日の映像です。

で、現地に行ってもいつも感じることなのですが、
三塁側レフト寄りのスタンドに一部だけ色がオレンジっぽい箇所があります。
あれは一体どんな意味があるのでしょうか。不思議なのですが。
どなたか情報をお持ちでないでしょうかね。




そして、RCCのライブカメラ映像。

今日の録画を見ましたが、
中国新聞の空撮映像よりも もっと工事は進んでいますね。
ネット裏の1階と2階の間にかる記者席のあたりが姿を現しています。
そして三塁側ベンチ上あたりでは、スタンドの傾斜に段がつき始めてきました。
ネット裏のスタンドもコンクリが打たれています。
砂被り席もくっきりと姿を現しました。


現地の見学スペースから見渡せなくなるなか、
メディアの映像がもっと増えて、情報をたくさん発信していただけるとよいのですがね。


posted by よしだけんた at 19:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、いつもブログを拝見させていただいております。

オレンジ部分について情報をば。

型枠が組まれている中でオレンジ色になっている部分は「塗り型枠」ですね。

コンクリートを流し込む型材としてベニヤ板を木材で枠組した「型枠」が使われるのですが、コンクリートの表面仕上げの種類によって、型枠のグレードを変えるのが一般的です。

型枠は通常、使い捨てにせず、2回、3回とリサイクルします。もちろん使うたびに表面は荒れてきますので、グレードが下がります。最もグレードが高いものが「塗り型枠」でベニヤの表面を塗材で塗り固めて平滑にしてある新品の型枠です。この塗材がオレンジ色をしています。

コンクリート打放しならば表面がきれいな型枠を使い、クロス貼りや天井で隠れてしまうところなどは、使い回した古い型枠を使います。
Posted by Ueb at 2008年05月12日 21:26
>Uebさん

はじめまして。
早速のコメントありがとうございます。
いつも現地に行くたびに疑問に思っていたものですから、詳細な説明をいただきナゾが解けました。ありがとうございます。
ということは、
たまたまあの場所に新品の物が使われたという解釈でよろしいのでしょうか?
もしくは、あの箇所を特別に新品にする理由があるのでしょうか?

なんせ素人なもので すいませんw
また、何か疑問があれば専門知識を御教授ください。よろしくお願いします。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年05月12日 22:20
中国新聞の動画を見ましたが
ここまで進んでいるんですねー!!

ベンチもはっきりと確認できました。
これはメジャー風のベンチになりそうですね♪

動画保存して繰り返し見ちゃってますww
Posted by 由規@ at 2008年05月12日 22:40
>>よしだけんた様

航空写真で見えている型枠面は、メインスタンドの内部側の表面の状態を表しており、通常ならオレンジの部分は天井を貼らず、塗装やクロス貼りなどの仕上げもおこなわない部分となります。

具体的に広島市から公表されている図面で確認すると、オレンジの部分あたりの直下は「管理用通路2」となっています。市民球場ライトスタンド裏手のようにスタンドの裏側がむき出しの状態と思われます。

逆にオレンジではない部分について、「塗り型枠」以外の場所を、コンクリートそのままにすることはマレなので(特に白っぽい型枠はかなり表面が荒れるので)オレンジ以外の場所は球場関係の諸室として、天井を貼るなど、ちゃんと仕上げをおこなうことが予想できます。

何か当たり前の予想で申し訳ありません。
Posted by Ueb at 2008年05月13日 00:29
>由規@さん

コメントありがとうございます。
空撮は普段は見れない映像ですから貴重ですね。
スコアボードの基礎ができたというのが新発見ですね。あの辺はどこからも見ることができませんからね。

ベンチもくっきり。
具体的な形がどんどんできていますね。
ほんとに楽しみです。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年05月13日 00:29
>Uebさん

早速のご回答ありがとうございます。
図面から、そういうことが読み取れるわけですね。あらためて納得いたしました。
素人考えで、スタンドの表面部分のことにしか考えが及ばなかったものですから。
やはり、こういうことは専門の知識をお持ちの方にたずねるに限りますね。

ほんとうに勉強になります。
ありがとうございました。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年05月13日 00:34
ヨシケンさん、お久しぶりです。 工事が着々と進んでいますね。 ところで、先日、周辺の集客施設について、アミューズメント・パーク「ラウンド・ワン」を核とする三井不動産の案が採用されました。 もう一つの案には観覧車があり、魅力的でした。 良いアイデアだったので私も残念です。 観覧車だけでも、切り離して、別途で採用案に入れてほしかったくらいです。
この観覧車は広島商工会議所の推しが強い案であり、彼らは新球場促進会議の段階から、チラホラと主張していました。 広島の都市交通整備は遅れています。 しかし、市民や県民がなかなか気付かないような部分もあります。 そこで、商工会議所幹部の声により、「高い所から広島市を一望できる施設が必要ではないか?」とか、 「もっと地元住民に広島市の都市整備状況や交通整備状況を身近に一望できる場所を!そのためには高いタワーか観覧車のような物が必要じゃないのか?」という商工会議所の強い推薦があり、案に盛り込まれています。
確かに広島市内には誰でも自由に広島市を一望できる名所がありません。 比治山公園? ちょっと古いというかダサイというか。 観覧車ができれば、新しいスポットになり、賑わいが期待できますし、駅に近いというのが効果バツグン。 本当に残念です。
 ちなみに外野最上階の幅広いコンコースはカープ球団の強い推しです。 毛利一族は2005年から南区蟹屋町の人たちと「新球場ヤード跡地推進派」として活動してきましたから、大体の事はわかります。
Posted by 初代・毛利元就 at 2008年05月13日 08:15
>毛利元就さん

コメントありがとうございます。
観覧車の件、自分も是非作ってもらいたかったのですが、残念です。
いろいろな経緯があるのですね。
仰るように合作で観覧車だけでも と思いますが、ちと難しいですね。

いろいろご尽力されているご様子。
また何かありましたら、教えていただけたら幸いです。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年05月14日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。