2008年04月15日

20年度予算

本日の朝刊に広島市の広報紙『市民と市政』が折り込まれていました。

その内容は 広島市20年度の当初予算についてでした。

その中に 新球場関連の予算額について書かれておりましたよ。

建設費 82億7681万円
関連工事 4億7325万円
歩行者道路 7億5255万円
周辺道路等整備 5億1500万円      計 100億1761万円

となっています。

このまま滞りなく工事が進むことを願います。


また、本日の中国新聞社会面の道路特定財源に関する特集記事が
新球場関連に使われる交付金について書いていました。

内容は 
広島市が国に対して要請した『まちづくり交付金』の原資の中にいわゆる道路特定財源が含まれていたとのこと。
まちづくり交付金の原資は、一般財源が6割、道路特定財源が4割。
そのため、今年度国から交付される予定の6億6千万円のうち、国からの内示は約半分。
市は、追加内示を待つ構え。

しかし、この事業は最優先に行うとし 万が一、追加が得られなかったとしても他の財源をかき集めて予定どおり完成させる とのこと。

まちづくり交付金を要望した根拠は、球場建設費のうちの 防火備蓄倉庫やコンコースなどの公共性が高い部分を理由として資金を調達した模様。


この件については 与党 野党 役人 それぞれに言いたいことは山ほどありますが
ブログの主旨に合わないので、ここでは触れません。


とにかく 大半の民意を得てのこの事業だけに、
是が非でも予定通り完成させてもらいたいものです。


posted by よしだけんた at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メディアでよく道路特定財源の使われ方について必ずと言っていいほど新球場がでますね。
確かに道路特定財源が使われるのは問題かと思いますが。
ずるいですがこの際大目にみます。
ただ、他の自治体のほとんど使用されない「何とか交流館」みたいなハコモノと同じ扱いはしてもらいたくないような・・・
Posted by たく at 2008年04月17日 15:17
>たくさん

コメントありがとうございます。
市側からすると、
交付金の要請をした時点では何も分からないわけで結果的に運が悪かったとしか言いようがないですね。。
これは利権の絡んだ国の仕組み全体の問題なので、そこを何とかしない限りどうしようもありませんね。

結局、7億の半分しか交付されないとすると、経済界からありがたく頂戴した寄付金を使う羽目になるのでしょうか。。

いわゆるハコモノとは違いますよね、この球場は・・・。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年04月17日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。