2008年04月03日

市議が視察


新球場 広島市議が初めて視察 (広島テレビ)



広島市の新球場は、来年春のオープンを目指して急ピッチで工事が進んでいます。この進捗の様子を、市議会の議員が初めて視察しました。

 建設工事費90億円。着工から4か月余りが経った広島市南区の新球場建設地です。現地を視察したのは、広島市議会の議員16人。現地事務所の職員から工事内容の説明を受けました。建設工事全体の進み具合は全体の2割と、ほぼ予定通りです。現在は3塁側スタンドのコンクリートを打つ作業や、1塁側ベンチ周辺の工事などが続いています。

●広島市議会藤田博之議長 「初めて来た」「見た感じものすごい活気がある」「周辺の道路整備が心配」


6月には、球場の売り物となる天然芝の種をまく予定で、秋には建物全体の姿が現れます。


広島市議団16名が 初めて球場建設現場を視察したようです。
こうやって足を運んだのが初めてというのが少々不満ですが。。。

藤田議長は 周辺道路整備にことも口にされていました。
より良い環境になることを期待します。


それにしても この動画、驚きでした。
三塁側スタンドの傾斜がもう完全にわかるくらいまで出来上がっているんですね。
また、一塁側ベンチのかたちがはっきりと分かります。
スタンド

ベンチ

物凄い急ピッチで工事は進んでいます。 
くれぐれも安全に。 今後が楽しみです。



posted by よしだけんた at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。