2007年12月22日

現地レポ@難関の愛宕踏切

この間から何かと気になって書いていたし、
いろいろとコメントもいただいていました、
愛宕踏切に足を運んでみましたよ。

いつもは、車で現地に行くのですが、
久々に広島駅から徒歩で行ってみましたよ。

まずは フタバ図書を過ぎて 愛友市場の裏です。
なんとも悲惨な状態です。違法駐車のアラシです。
ほとんど市場に荷を降ろすための車両。もしくは店舗保有の車両と思われます。
(この写真は振り返って駅方向を見ています。)
愛友市場裏.JPG


そこを抜け東進すると 問題の愛宕踏切に突き当たります。
ここに行ってあらためて感じたのですが、
ここは、南北道路に斜めに突き当たっているため、
直進しても、道路を挟んだ向こう側の道路が見えません。
これが問題をよりややこしくしているんだ と。
愛宕踏切5.JPG



つまり、南北道路を横切るには九の字に曲がらなければならないのです。
(この写真だと斜め具合がよく分かります。)
愛宕踏切6.JPG


今度は、南北道路を渡り、東側から踏切方向を見てみましたよ。
車がいない時は気付かなかったのですが、
愛宕踏切3.JPG



この下の写真で、また問題点が発覚。
何と、球場方向から来る車両が踏切に向けて右折することが可能なこと、
そして、交差点付近の駐車車両のために渋滞が起きるのです。
愛宕踏切2.JPG



まず、歩行者の動線を拡張するために踏切との交差点を改良するにしても、
ちょうど角にある、自転車と歩行者が踏切を渡るための跨線橋の入り口があるのです。
そのため、北側方向に道路を拡張することは無理です。
愛宕踏線橋.JPG


そこで自分で 勝手に対策を考えてみたのですが。
 
もしも 地下道や陸橋を設置できなくてこの道を横断する場合は、

@この交差点を東方向から来る車両は右折禁止
A南方向から踏切に入る車両の停止線を下写真のように移動する
B横断歩道を設置し歩行者用信号を付ける
Cガードマンによる安全管理


停止線2.JPG


ということになるのですが・・・・・。

それにしても 歩行者信号と線路の踏切開閉状況によって
車両渋滞は余計に酷くなると予想されます。
そして、南進の車両と踏切と歩行者信号の関係がわけわからないことに・・・。
また、踏切交差点より西側の道路に広い歩道と車道を同居させると車両の通行に支障が出そうです。
これをかわすには 西方向への一方通行しかないような気がしますが、
これにはかなりの不便が伴います。

考えれば考えるほど壁に突き当たります。
素人の自分には これ以上の案は浮かびません。
市や専門家の方がより良い案を考えられることを望むしかありません。



愛宕踏切を過ぎると 荒神陸橋が見えてきます。
荒神陸橋西.JPG

これが荒神陸橋の下です。
荒神陸橋1.JPG
これは↑線路方向から南の大洲通り方向を見ています。

荒神陸橋2.JPG
右端が広島駅方向からの道路


荒神陸橋東.JPG
荒神陸橋を抜けると あとは直線の道路
ここまで来ると交通量は激減します。


20071220-2.JPG
そして この道路を突き当たると球場入り口です。
前に見えるのが工事中の杭打ち重機やクレーンです。



と、まあこんな具合に歩いてみたのですが。
やっぱり踏切のかわし方が最大のネックです。
どんな風に解決されるのか 見守りたいです。



posted by よしだけんた at 11:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 現地報告(本体工事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

まず、Cブロック周辺の路上駐車を防ぐためには、新球場完成までにCブロックが着工することでしょうね。
工事現場の近くに駐車する人はあまりいないと思いますし・・・。

次に、愛宕踏切に関しては、車両の交通規制は必要だと思います。
けんたさんの仰るように、東方向から来る車両を右折禁止するだけでなく、西方向から来る車両も左折禁止にすべきだと思います。
東方向の場合は、右折する車両で渋滞するだけでなく、左折や直進をする車両は渋滞の右側を通行して左折や直進をするというとんでもない状況が起こります。
西方向の場合も、東方向ほど酷くはありませんが、踏切待ちの車両で渋滞が起こったり、直進しようとしても交差点内で車両が止まっていることもあり、通行するのはかなり困難です。
交差点内で車両が立ち止まらないように、停止線もしっかりと設けるべきですね。

以前、広島市に質問した時、球場完成までには線路沿いの道に歩道を整備するみたいですが、具体的にはまだ決まっていないみたいでした。
個人的には、広島駅から愛宕踏切までは道路の北側へ、愛宕踏切から新球場までは道路の南側へ歩道を設置して欲しいと思います。
なぜなら、広島駅から愛宕踏切まではフタバ図書GIGAや愛宕跨線橋の入口があり、愛宕踏切から新球場までは道路の南側に建物があるからです。
それを踏まえて、愛宕踏切の交差点に横断歩道を設置するならば、愛宕跨線橋から東側の建物を結ぶようにすべきだと思います。

あとは、県警と安全に誘導する方法を協議中みたいですが、良い方法を考えて欲しいですね。
Posted by トシくん at 2007年12月22日 20:44
>トシくんさん

コメントありがとうございます。
踏切交差点の交通規制は絶対に必要ですね。
あのままでの整備では混乱を来たしますね。

少し認識不測なのですが、
踏切より西側の道路の突き当たり、つまり、フタバ図書を過ぎて、駅の立体駐車場の出入り口がある場所は、電車通り(駅前通り)に出られるのでしたかね?
そうであるならば、西行き一方通行にした方が良いと思うのですが、どうでしょうか?

また、歩道の位置ですが、おっしゃるように
南北切り替えがいいかも知れませんね。
ただ、踏切以東を南側にした場合、荒神陸橋の下を通る所は北側にした方がよいのでしょうかね。
そこだけが少し心配でした。

難問ですが、必ずクリアしなければいけない問題ですから、最善の策を講じて欲しいものですね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2007年12月23日 08:52
再び失礼します。

愛宕踏切の西側の道路は、フタバ図書GIGAを抜けて左に曲がると、交差点に出ます。
交差点を左右に横切るのは大州通りですが、斜め左には路面電車が走る通りが伸びています。
また、交差点の西側にタクシー乗り場の出入口があるので、交差点を右に曲がる場合、タクシーと合流するので、ちょっと危ないです。
ちなみに、駅前通りはもう少し西側です。

歩道の位置に関しては、踏切以東を南側にした場合、荒神陸橋が一番の難関になるでしょうね。
個人的には、荒神陸橋の西側の歩道部分を南に延伸し、階段も東側の歩道部分の階段と合流させるように設置した方が良いと思います。
Posted by トシくん at 2007年12月23日 22:23
>トシくんさん

続いてありがとうございます。
そうでしたか。左折すると交差点にでれるのですね。
そうでした。タクシーの入り口がありますね。

歩道に関しては、
荒神陸橋に上がる階段は今は線路側ですよね。
北側だと、歩行者と車両は分離されますが、
歩道を南側に付けた時、交差点内で車両と人が完全に交差してしまうのが少々心配です。

とにかく、安全で合理的な方法を考えて欲しいものですね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2007年12月24日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。