2010年10月21日

プロ選手の要望

久々の更新になります。

オフともなりますと情報もさっぱりありませんからね〜。


そんな中。

本日の報道によりますと。

広島・梵2年連続盗塁王へ マツダ”高速化”へお願い (スポニチ)

広島・梵英心内野手(30)が20日、マツダスタジアムの“高速化”を球団にお願いする考えを示した。今季は43盗塁で自身初タイトルを獲得したが、本拠地の走路については「走るときに一歩目が遅れる感じがあります。人工芝に比べてスピードが乗らないというか…」と他球場に比べて軟らかい土のグラウンドには違和感を感じている。走塁、守備で地面を蹴った力が、わずかに失われてしまう感覚をシーズン中から察知していたという。

来季は持ち味のスピードをさらに生かすため、グラウンド整備時に地面を硬く締めるなどの注文を出す構え。理想の走路に挙げたのは阪神に赤星憲広氏(スポニチ評論家)が在籍していたころの甲子園だ。同氏も同様の要望を出して盗塁を量産。「赤星さんがプレーしていたときの甲子園はとてもやりやすかった」と本拠地の高速化にもイメージを膨らませた。

今後は「機会があれば」と球団側に要望を伝えるつもりだ。球団幹部も「そういう話があれば考える」と前向きに検討する方針。2年連続タイトル獲得に向け、まずは球場を味方につける。

[ 2010年10月21日付 ]


盗塁王の梵英心選手が球団にグラウンドの土の固さについて要望するようですね。

何でも、スタートの一歩目を良くするために少し硬めに設定して欲しいと。

うーん これぞプロ といった感じの話です。

こういう細かいことにどんどん拘っていって 本物のプロ野球のスタジアムに進化してもらいたいものです。



ですから余計に思いはつのります。

プロが使用しないときに利用するアマチュアの或いは草野球の選手に対しての思い。

もちろん、市民球場ですから一般の市民が使用するのは仕方の無いことなのですが。

こういうほんの少しの事にも拘ってプロの選手はプレイしているのだということを

野球が好きな人にはよくよく理解して この球場を使って欲しいと思うのです。


そんな思いを抱いたこの記事なのでした。



内野グラウンド.JPG
(写真は2010.2.18 のものです。)












posted by よしだけんた at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新お疲れ様です。

確かに盗塁や走塁の瞬間は土が掘れてる感じがしますね。

硬い=メジャーといった感じでしょうか?

たとえが悪いかもしれませんが、メジャーの場合、スライディングしても小学校のグランドでやってるかのような、感覚に見れますもんね。

硬さの追求と土の色もやや赤みがかったものがいいですね。
Posted by かーぷFAN at 2010年10月22日 07:41
>かーぷFANさん
コメントありがとうございます。
守備面と走塁面両方からグラウンドの状態を考える必要があるかと思いますが、
守備面では硬いのと柔らかいのではどちらが良いのでしょうかね。

確かにメジャーでは画面から見ても硬そうですね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2010年10月22日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。