2010年03月31日

2014年度に歩行者専用橋

本日の中国新聞 広島市民版によりますと。

3月30日に広島市役所で開かれた、広島市民球場運営協議会の初会合にて、

広島市は、駅からの動線に建設する歩行者専用橋について計画の概要を説明したとのこと。


それによると、

以前にもこちらで記事にしたことがあるとおり、

愛宕踏み切り付近から、球場の大型スロープに繋がる地点の約320メートルを結び、

用地は、旧宇品線の一部の跡地をJR西日本から買い取る予定とのこと。

現在は、構造の設計を業者に委託中。

10年度は、より詳細な設計を進め、事業費などを詰める。

10年度予算に 設計費7500万円を計上。



ところで、さっき広島市のHPを見て、この委員会についてみてみたら、

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1269389429182/

なんと、この会議は 先着10名限定で傍聴することが出来たことが判明。

あーー 行ってみたかった〜〜。

ちなみに 議題は、

 (1) 広島市民球場運営協議会の運営等について
 (2) 新球場整備事業計画について
 (3) 平成21年度施設利用実績について
 (4) 2009年カープ球団の事業実績について
 (5) 命名権について
 (6) その他

となっています。


何とも興味をそそられる内容ですね〜。
2009年のカープの事業実績なんてどんなことが発表されたのか
聞いてみたかった!!

うーん。 もっと早く知っていれば。。。



posted by よしだけんた at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。