2009年05月29日

Cブロックの総事業費を圧縮

Cブロックの総事業費を圧縮 (中国新聞)

兼ねてからの懸案、広島駅前の再開発。

とりわけ、新球場の玄関口のCブロックの行方は以前から気になっておりました。

先日の中国新聞の報道によると、

昨今の不況の影響を受けて、事業案の見直しが行われ、

マンション棟の階数が4階削減、オフィス部分を無くす、などし、

300億円とされていた事業費を2割削減し244億3500万円 とする。


着工は 2011年度内を目指す とのこと。


本日のニュースでは その完成予想図も見ることができましたが、

駅から球場に向かう動線には、デッキウォークが設けられでおえいました。

このデッキウォークと市が建設を予定している新たなデッキが直結すれば、ますます快適なカープロードになりそうです。


一日も早い完成が待たれます。






posted by よしだけんた at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 周辺施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それに加えて広電が駅前大橋を通って二階接続になればいうことないのですがね〜〜
Posted by 通りすがり at 2009年05月29日 22:35
>通りすがりさん
コメントありがとうございます。
広電が駅前大橋を通るようになればと、以前から思っていました。
二階化もいい案ですね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2009年05月30日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。