2009年03月28日

カープが22億円負担

以前の市議会の記事で、

カープ球団は占有部分にいくら負担したのかを明らかにせよ という市議の質問があり、

その当時は、

工事中なので金額も確定していないのでは? と記事を書いたことがありました。


本日の中国新聞に、関連記事が載りました。


球団独自負担の内容は、(概算で)

▽選手ロッカーやトレーニング機器等 1億円

▽右翼二階席とコンコースの防音壁 6300万円

スポーツバーの内装工事費 2000万円

など、 となっています。

球団だけが使用する、ロッカールームなどのエリアも床や天井張り、

消火用スプリンクラー設置費用を負担。

スイートルームの窓ガラスが照明を反射する不具合のため、防止フィルムを張る費用も負担。

また、入場券販売のコンピューターシステムや事務所移転費用も別途負担。

球団は全額、地元金融機関から融資を受けるようです。


と、ここで疑問が。

あのバックネット裏に設置されたリボンビジョンは、球団が負担して設置したのかと思っていましたが、本日の報道にはその記述がありませんでした。
数字の合計をしてみると、1億8300万円になりますが、残りの金額のうちにそれも入っているでしょうか?
はたして、その真相はいかに。
詳細な内訳を見てみたいですね。


こうやって、90億円プラス22億円のプロ野球の本拠地は出来上がりました。


posted by よしだけんた at 09:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よしださん、スコアボード裏の文字は点灯(光る)するのでしょうか?それから、メジャーリーグのボールパークにはスコアボードのオーロラビジョンとは別に、選手紹介などに使われる大型オーロラビジョンがありますがマツダスタジアムにもあったらいいなと思いますが如何でしょうか?
Posted by キャッスル・カープ・フィールド・アット・ヤード at 2009年03月30日 18:20
>キャッスル・カープ・フィールド・アット・ヤードさん

続いてどうもです。
あの広告は、現地で見る限り文字に照明を当ててライトアップするようです。
大型ビジョンに関しては、現在の財政状況を考えるとこれ以上のものは望めないでしょう。
また、現在設置されているもので十分過ぎるとも思います。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2009年03月30日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。