2009年01月25日

どう戦う?新球場とカープ

本日は  以前から申し込んでおりました、

広島国際大学 現代社会学部主催の 『どう戦う? 新球場とカープ』

というシンポジウムに参加してまいりました。

パンフ.JPG



こういう討論会は 初めての参加だったのですが、とりあえず有意義であったと思います。

この会への参加の動機ですが、

広島市都市活性化局 新球場建設部 工務担当課長 佐名田敬荘氏 が

パネラーとして参加されたからです。

是非とも 現場の生の声を聞いてみたかったのが 第一の動機ですね。


この会は 
まず 元カープの野村謙二郎さんの基調講演から。
30分ほどでしたが、新球場への思い、カープへの思いなどを話されました。
そして、残りの時間は 司会者とパネラーのディスカッション。そして質問タイム。
という流れでした。


約2時間という長い内容ですので ここには全てを書ききれません。
というわけで、佐名田課長さんの話で印象に残ったことを書いてみたいと思います。

最初に、ゲストの野村謙二郎氏との逸話。
野村氏も球場建設について幾つかの要望を市側に出していた と。
一つは、ブルペンが観客席から見えるようにして欲しい。
二つは、育児室のような部屋を設けて欲しい。
三つは、選手として照明がまぶしくないように、プレーに影響が出にくくして欲しい。
という3点。

ブルペンにつては、予算の関係等でスタンド下にせざるを得なかった とのこと。
育児室に関しては、親子室という部屋をコンコースレベルに2部屋設けてある。
照明に関しては、他所の球場では二階席の屋根に横並びに照明を取り付けているが、
新球場は屋根の高さが低いことで それが難しい。コスト的にはかかるけれども6基の照明塔を立てることにした。しかも従来の横長ではなく縦長にしたのも選手に配慮してとのこと。

まず、課長さんが着任されたのは、
第一次の建設・設計コンペがボツになった後、第二次の設計コンペを開かなければならないという段取りの真っ最中の平成18年4月。
完成時期は、既に平成21年3月と決定している中、どのように段取りをするかという問題に直面されたそうです。

そのコンペ後、設計が上がってきたら 今度は90億という限られた予算の中、
コスト的にかなり厳しいものがあったそうです。
で、その時期は 毎日、設計図を見ながら球場の一階から七階までを頭に浮かべながら
それを三周ぐるぐると回るぐらい考えたとのこと。
いかにして、予算内におさめるか、どこの部分が削れるか。 と。

そんな話の中で、
大リーグの球場をかなり参考にした というのはよく知られていますが、
大リーグは 合理的に出来ている件に注目。
椅子や部屋など 機能面は最大限生かしながら削れるところは削る。
いい意味で手を抜くところは抜いている ケチるとことはケチる と。
例えば、新球場でコンコース天井部分などに給水排水の配管や電気配線のケーブルラックなどが丸見えになっているのは、まさにそれで、日本では天井を張り上げて中が見えないようにするが、
大リーグでは丸見えのままだ と。
大リーグの合理性を充分研究して そういう形にした とのこと。

また、これからのことですが、
通常、建物が完成してからは使用する準備に3ヶ月ぐらいをみているが、
今回の場合は3月の完成してから1ヶ月もないので、これまで以上に大変な作業が待っている。
特に、カープ球団は準備で大変であろう と言っておられました。

そのほか、球場については 

建物の耐震性能について 通常の建物の1.25倍の強度にしてあるので
簡単には壊れない そうですよw

また、観客のメインの入り口については
スロープからのメインゲート、球場正面のエントランス、
そして、レフトスタンド後方に外野のエントランスを設けるとのこと。
この外野の部分については、初めて聞いた気がします。


こんな 感じで 課長さんの話をしみじみと聞きました。


その他、特に印象に残ったことは、

野村氏が 観客から見えるブルペンに相当拘っていたのが印象的でした。
これは、解説者の立場として投手交代の時間が掛かりすぎるのが非常に気になるようで、
誰が出てくるかわからないし、イライラ感がつのる、観客の不満があるのでは? と。
それで、見えるブルペンに拘ったそうです。

あと、駅からの動線について、
駅からワクワクするような雰囲気を作って欲しい と。
選手の写真入のバナーなどを設置して、盛り上げて欲しい。
選手は自分の宣伝にのなるのだから、
僕だったら、自分で金出してでも 自分の写真を飾るようにするよ! と。


こんな感じのシンポジウムでした。
球場の説明については、既に知られていることの説明が多かったのですが、
課長さんの直接の話を聞けたことは非常に有意義でした。

そして、野村氏の球場とカープについて熱い思いも非常に伝わりました。


また 何か思うことがあれば書いてみたいと思います。


posted by よしだけんた at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成が楽しみですね!

早く新球場に
足を運びたいです!w

Posted by Y at 2009年01月25日 23:39
TVのニュースでやってましたね。
見に行かれるといろんな情報があるようでうらやましいです。
実際、球場の出来栄えよりも駅からのアクセスが心配でなりません。

今、開場に合わせてカープロードなるものを作っても、いずれは愛友市場周辺の開発で撤去しなければならなくなるんでしょうね。
難しい問題です。

カープが永遠のものと信じて、市の計画と連動して楽しい駅ー球場の通路を作ってもらいたいですね。
Posted by かーぷFAN at 2009年01月26日 06:47
このコンペが決定した頃、まだ東北地方の担当をしており仙台などで「90億で何が出来る??」と
罵られたのを思い出します。

しかし、具体的な形となった今 正反対の反応が出て来てます。

折角の夢の器 球団 選手もそうですが、やはり
我々が育てて行く責任もると思います。

全国から、たくさんの人に来て頂ける様に盛り上げていけたら良いですね。
Posted by MPR at 2009年01月26日 16:38
こんばんわ

大変遅くなりましたが、50万HITおめでとうございます。これからもよろしくお願いします。

課長さんのお話については、非常に興味深く拝見させていただきました。
時期的に、担当部署に着任された平成18年4月というと、揉めに揉めていた時期ですよねw
そんな時期にいきなり新球場担当になられて、今までずっと設計のことを考えておられたとは・・・
外野で散々、90億で球場が出来る出来ないと騒がれていだけに、そのプレッシャーは相当なものがあったと推測されます。本当に頭が下がりますね。
完成が迫った今になって肩の荷が降りたのでしょうか、なんとなく「あとはカープさん任せたよ」言われているような印象を受けますねw

今さかんに、選手が工事途中の新球場を見学し、注文をつけているのも、球団がなるべくスムーズに新球場への移転を済ませるように腐心しているためなのでしょう。

Posted by 鯉魂 at 2009年01月26日 21:45
>Yさん

コメントありがとうございます。
完成も近づきほんとに楽しみになってきましたね。
早く中に入ってみたいですね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2009年01月26日 23:12
>かーぷFANさん

コメントありがとうございます。
TVニュース見ましたよ。
自分も少しだけ映っておりましたw
生の話が聞けて有意義な時間でした。
アクセスの問題は気になりますね。
カープロードについては、是非やってもらいたいですね。Cブロックの再開発といってまだ先ですから、開幕に向けて整備して欲しいです。
昨日の話の中で、市側も街路灯にバナーが取り付けられるようなものにすると言っておられましたし、JRにも協力を求めるなどして盛り上げてもらいたいですね。

Posted by よしだけんた@管理人 at 2009年01月26日 23:19
>MPRさん

コメントありがとうございます。
そうですね。90億というキーワードはかなり大きく広がりましたからね。
市の担当の方も苦労をされたようですが、今となってはこんな素晴らしいものが出来て嬉しい限りです。
これからは、これで終わりではなくみんながもっと良いものになるように協力していかなくてはいけませんね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2009年01月26日 23:24
>鯉魂さん

コメントありがとうございます。
いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

課長さんの生の話が聞けてほんとによかったと思います。
外野は、自分勝手にすきなことを言ってましたが、かなりプレッシャーがあったでしょうね。
ほんとに頭が下がります。

あとは、球団が上手く運営をしていただくことを願うばかりですね。
引越し等、開幕に向けて準備は相当大変でしょうけどね。
これだけのものを造ってもらったのですから、その責任は大きいですね。しっかり果たしてもらいましょう。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2009年01月26日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。