2008年11月07日

新球場の色彩について

徐々に完成に近づくに連れて 球場の詳細がわかってきますね。
外観についてもわかってきたのですが。

模型や予想図では 全体的に赤茶色がベースになって全体を覆っていました。
しかし、現地で確認してみると壁面の下部はモスグリーンに塗られています。

そこで疑問に思ったので 市の担当者の方にメールで問い合わせてみました。
本日 その回答があり 疑問は解消されました。


まず、色の決定については、

コンペの当選案を基に設計を行い、色彩計画を立てた上で、施工段階で、塗装面の広さ、塗装下地となる部分の材質、外構計画との最終的な調整なども考慮しながら最終決定を行っている。

そうです。 

そして、今回の外壁の色について

コンペ当選案の赤茶系を基本としているが、低層部は高木や低木などの樹木を植えるため、これら外構植栽による緑陰と調和した緑灰系としたもの。

だそうです。

また、スタンドの床が緑に塗られている件に関しては、

スタンド床の部分は防水工事を行っている部分であり、ボールの視認性を高めるためにモスグリーンに塗装している。

とのこと。


そして 最も興味があった観客席の座席の色は

落ち着いた赤 を基本として検討しており、全体としては赤系になる。

とのこと。 


そして 完成図等でストライプに塗られていたコンコースの色は

床に描きこむ座席案内表示なども考慮し、現在検討中。

だそうです。


壁や床の色ひとつとっても、色々と熟慮されているのですね。


これで 自分の中での疑問の大きな部分が解消されました。

こういう具体的なことがわかってくると、ますます完成が楽しみになってきますね。

ほんとに待ち遠しいです。





posted by よしだけんた at 19:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
床の塗装は防水処理だとは思ってましたが、確かに試合中の視認性を考えればモスグリーンは大正解ですね。
市も球団もこれまでのノウハウを十分に生かしてると思います。
ただ、球団の強化に対しては・・・・
(これを言っちゃ〜おしまいか)
Posted by たく at 2008年11月07日 22:28
貴重な情報ありがとうございます。
色一つにしても個々の考慮や配慮、調和等も考えて決めているというのには安心させられますね。
最近はこういった当然のことも無視して決められる事例も球場に限らず多いですから・・
よしださんがいうように完成が待ち遠しいですね。

Posted by よしべ at 2008年11月07日 23:31
>たくさん

コメントありがとうございます。
スタンドの床がグリーン、座席が赤。
これが完成すると、現状は白ですから印象がガラリと変わりますね。
実際見たときは感動しそうです。
今からワクワクしますね。

球団のことは。。。ww
思うことは一緒ですw
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年11月08日 02:13
>よしべさん

コメントありがとうございます。
以前にも何度か市側に質問をさせてもらっていますが、その度に丁寧な回答をいただいて貴重な情報がわかるのでとてもありがたいですね。
それでを見るにつけ、とても細かいところまで色々と吟味し調整されて出される結論だと思いますので、期待はより膨らみますね。

ほんとにいい加減な事が横行するご時勢。
この回答で、作る側の気持ちが伝わったような気がします。

ほんとに完成が楽しみですね。

Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年11月08日 02:18
あとは座席下に荷物が入るのかと、カップホルダーがどうなるか気になりますね。
Posted by 備後方面 at 2008年11月08日 11:23
>備後方面さん

続いてどうもです。
そうですね。考えていくといろいろどうなるのか知りたいところがでてきますね。
想像するだけでもワクワクしますね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年11月08日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。