2008年10月20日

交通アクセス@バス

土曜日のRCCの番組 Eタウン 。

昨日の内容は 広島電鉄の社長 商工会議所の会頭でもある太田氏へのインタビューでした。


その中で 新球場へのアクセスについて語っておられました。

まず、 

広島駅からの距離は800メートルですが、それくらいの距離の公共交通が一番難しい と。

そんな中で 広島市との協議で 紙屋町との間をバスで結ぶことが決まっているとのこと。

路線は、

球場〜段原〜比治山トンネル〜平和大通り〜中央通り〜八丁堀〜バスセンター

復路は バスセンター〜本通り〜平和大通り〜比治山トンネル〜段原〜球場

そういうフィーダー輸送をやる とのこと。

そういう具体的な情報は初めて聞いたのですが、

見えないところで準備は進んでいるようです。


また 番組内のアナウンサーのコメントで

駅から球場までの動線に動く歩道も検討されていて 
Cブロックの再開発新たな動線が作られることも期待されている。 

というものがありました。

動く歩道の話も初めて聞いたのですが、以前にどこかで出たことがあったでしょうか?

どのレベルの話なのかは分かりませんが、もし本当なら画期的ですね。


posted by よしだけんた at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。