2008年10月09日

『津田プレート』新球場へ

 広島市民球場の一塁側ブルペンの柱に設置されている故津田恒実投手を顕彰する銅板、通称「津田プレート」が、来春オープンする新球場に移設されることが、9日分かった。

 広島市民球場ではプレートの一般公開を行っており、見学者が殺到している。球団幹部は「新球場でブルペンに設置するか、コンコースに設置するかはこれから検討する」と話した。 (デイリー)


現球場のブルペンに掲げられている 『津田プレート』が 新球場へ移設されるようです。

球団幹部の話では ブルペンに設置するかコンコースに設置するかはこれから と。


ここで疑問。

なんでコンコース??????

津田プレートの意味を考えれば 普通にブルペンでしょ。

津田投手の意志をカープの投手陣に受け継いでもらうため。

理由はこれしかないでしょ。



もっと言うとですね。今、現球場に津田プレートを見に来るひとが増えているのは、

今年で幕を下ろす市民球場にある津田プレートを見ておきたい 

という思いからなのだと思うのですよ。

ですから、この思いは特別なのであって、

言い方は悪いかもしれませんが、ファンが日常的に目に触れるところにあると、

その価値も落ちるような気がしてなりません。

津田投手の意志はやっぱりもっと高いところにずっとあって欲しいのですね。


まったく この球団の考えることは よくわかりませんね。

とにかく バカなことは考えないで 

しっかり ブルペンに設置してください!!!



posted by よしだけんた at 22:32| Comment(12) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと コンセプトのはっきりせんフロント
ですよね。

新球場 大丈夫??って感じです。

球場の運営も第三者に委託した方が良いかもしれませんね。

自己満足と驕りが強すぎと感じるのはいけませんかね〜
Posted by MPR at 2008年10月09日 22:44
>MPRさん

コメントありがとうございます。

以前から何度も指摘してますが、
この球団に新球場の管理の全てを任せるのは
ほんとに不安いっぱいですw

ポイントがいつも少しずつずれてるような気がしてなりません。
開場イベント、ちゃんと良いモノやってくれるのでしょうか?
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年10月09日 22:59
プレートがコンコースにーという考えも多くの人の目に触れてほしいということでしょうが、
やはりあるべき場所はブルペンでしょうね。
あのプレートを見てカープの投手達が憶病であったが逆にそれを闘志というエネルギーにかえて打者に向かっていったアグレッシブかつ志半ばで去っていった津田投手の精神や意志を受け継ぐと同時に自分はこうして今も好きな野球できるということを再認識するんでしょうね。プレートを一般の人にもーというのでしたら球場見学ツアーでもやれば可能ですし確かに価値もでますよね。
Posted by よしべ at 2008年10月09日 23:41
うーん
選手が必要と思えばブルペンに設置されるんじゃないでしょうか?
もし、コンコースへ取り付けられるのなら
選手側から要請がな無かったと言う事でしょう、
ならば、ファンが目につきやすい所への設置が望ましいと思います、
昔ながらのファンには哀愁を呼び
「津田プレートの前で!」なんて待ち合わせに仕えたり、様々な記憶に残る方が良いと思えるんです
冷たい言い方かもしれませんが
津田プレートも津田選手当人がブルペンに設置して欲しいと生前望んだ物でもなかった訳で・・
Posted by BLUE at 2008年10月10日 00:56
>よしべさん

コメントありがとうございます。
多くの人に見てもらいたいという理屈は分からないでもありません。
が、最初に設置された理由を考えると、ブルペンしかないですよね。
おっしゃるように一般に公開したいのであれば、ツアーでも可能ですね。
Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年10月10日 01:23
>BLUEさん

コメントありがとうございます。
まさか選手が必要ないと言うなんて考え難いですね。
設置された最初の経緯を考えればブルペンだと思います。

>津田プレートも津田選手当人がブルペンに設置して欲しいと生前望んだ物でもなかった訳で・・

これを言ってしまうと、このプレートの存在自体が全否定されてしまうと思いますので同意できません。。


Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年10月10日 01:28
 レスありがとうございました
志半ばで逝った津田選手の事は、これから50年後新たにファンになる人達にも広く知っていてもらいたいからこそ、奥まったブルペンに知る人ぞ知る存在より
新球場では誰もが必ず利用する人通りのあるコンコースに展示して欲しいと思っていました

>球団幹部は「新球場でブルペンに設置するか、コンコースに設置するかはこれから検討する」と話した。

 との記事も、第一に選手の要望を受け入れブルペンにするのか
そうではない場合目立つ場所に展示・・と球団幹部の考えに同意できる物でしたが
ブルペンにこだわる方が多くて少し驚きました。

 津田プレートに刻まれた
「笑顔と闘志を忘れないために」 はカープファン全てに向けられた言葉だと思います。
Posted by BLUE at 2008年10月10日 04:13
また書きます。

津田さんは見せ物でもファンを喜ばすための小アップツールでもありません。選手のモチベーションをあげる道具でもありません。ブルペンにしろとかコンコースにしろとか、そんなこと故人津田さんにことわりもなく偉そうに論ずる権利は私たちにないと思いますがどうですか?

もっと温かい目で故人の津田さんを見てあげればいかがですか?そしたらどうすればいいか結論が出ると思います。私たち、球団やファンがどうこうより、親族や、故人の行動や主張していたことなどを第一に尊重してそれをもとに決めるべきじゃないでしょうか?
Posted by リボン at 2008年10月10日 09:48
津田プレート・・・
確かに移設するならブルペンしかないですよね。
でも、時が経ちカープファンの中にも津田投手を知らない人もいます。
残念ながら素晴らしい選手の記憶が年々薄れていくことも確かだと思います。
ブルペンにあっただけでは、プレートが話題として取り上げられるのは最初の1年か優勝時だと思いますし。
できるだけ多くの人の記憶に残ってもらいたいことですし、
津田プレートはブルペンに移設し、
野球博物館内かコンコースにレプリカと説明を飾るとかがいいのではないでしょうか。

Posted by 備後方面 at 2008年10月10日 16:53
>BLUEさん

再度ありがとうございます。
この件に関して、自分は、このプレートが作られたそもそもの経緯は、ファンのためにが前提ではなく当時の選手会が津田投手の意志を受け継ぎ忘れないために作られたものと解釈していますので、おっしゃる見解と自分の見解は全く相反する理解のようですね。

このように双方の思いがあることもまた理解するところです。

Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年10月10日 17:31
>リボンさん

コメントありがとうございます。
うーん、偉そうに論じたつもりはありませんでしたが。。そのようにお感じになられたのなら申し訳ございません。
まあ、おっしゃることも理解できますが、この話題に触れることがタブーだとも思ってはいません。
当初の報道等では、親族の意向を尊重するというようなことも言われていましたし、球団もそのあたりは当然考慮していると思われます。外部のものにはその辺の詳細はわかりませんね。

Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年10月10日 17:38
>備後方面さん

コメントありがとうございます。
上にも書きましたが、経緯等を踏まえるとブルペンのほうがいいと思います。
よしべさんも書かれておられましたが、
ファンにその存在を知らせる方法としては、ツアーで見学できるようにすることも出来るし、おっしゃるようにレプリカで博物館等に展示することもできますね。
いろいろ工夫して最善の方法を見つけて欲しいものです。

Posted by よしだけんた@管理人 at 2008年10月10日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。