2012年05月19日

裸の王様

本日の中国新聞朝刊に、動員不振に関する記事が載りました。

先日の楽天戦を終えた時点、今季22試合目を終えた時点での昨年との比較数値。

このブログでも紹介してる数字ですが、22.6%の減少。

これに対して、営業本部長とオーナーのコメントも掲載されています。

営業本部長
『今季は試合日程が厳しい年。特に、5月のゴールデンウィークに主催試合がないことも響いた。』
『新球場効果も薄れ、旧市民球場時代の数字に近づいてきている。どこかで歯止めをかけたい。』

オーナー
『ファンに飽きられないためにも、今後も楽しんでもらえる球場づくりを続けていく。』



そして、ファンは。
『球場に目新しさがなくなった。また来ようと思わせるイベントが必要。』

応援団長
『低迷が原因。成績に関係なくお客さんが来てくれるのは3年目まで。』



それぞれのコメントをどう感じますか?

まあ、球団関係の張本人が、全く本質を突いていないところに、こちらとしては最大の危機感を感じますがw

日程の問題とか、ファンに飽きられないよう云々とか、本気でそれが一番の問題だと思っているとしたら、

この球場は、一生うかばれないでしょうね。


話に出てきた、旧球場時代に近づいてきた ということですが、

こちらのブログでも4月の段階で書いたことがあります。

冷静に分析してみると、

旧球場時代は、設備の老朽化や狭いスタンド、交通の便が悪い、など、ハード面が動員できない要因とされていました。

しかし、現在そのハード面は、ほとんどの部分で解消されていますね。

広い客席、駅から近い、駐車場もある。飲食もできる。

逆に言うと、そこまで快適に観戦できるのに、旧球場時代の数字しか上げられない。

もう、追いかけるところは一つしかないでしょう。

本業の充実。 つまり、勝てる野球。面白い野球。 

それをファンに見せること。

それしかありません。

オーナーとしては、まず第一にそこについて言及すべきなんですが、

まったくそういう発言を聞いたことがありません。

もちろん、飽きられない球場にすることは必要ですし、するのは当然。

が、優先順位は? 

本業ですよ。


そこに言及し、そこに力を注がない限り、この現状はかわりません。

それどころか、旧球場時代よりも悲惨なことになりますね。


具体的に、

旧球場、新球場の昨年までの状況は、

外野右中間の応援席から埋まっていく、 ライトパフォーマンスシートから埋まっていく。

これは、当たり前の状況でした。

が、今季、特に目立つのは、ガラガラのライトパフォ席。

それが、ファンの答えだと思いますよ。


応援し甲斐がない。

そういうことです。

毎日でも来てくれる、コアなファンが激減。

だらりと見物にくるライトなファンがそこそこ。



応援したいと思わせる野球。

それこそが必要。

で、現監督の野球はそういう野球ですか?

そういうことですね。




まあ、結論とすれば、

このオーナーがそこまで本気でこのチームを強くする気があるのか。

面白い野球をする気があるのか。

ファンが求めるものがわかっているのか。

そこに気づくかどうか。 

周りにいる者が裸の王様に進言できるかどうか。

そういうことだと思います。






posted by よしだけんた at 07:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 課題提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観客動員2012 交流戦 東北楽天 2試合目

5月17日 (木)  東北楽天  18:00  晴れ    22試合目 

本日の観客数         14862

累計              386050

1試合平均           17548

前年比 (累計)      −112914    77.37%

前年比 (1試合当たり)    −5132 



マツダスタジアム累計  19試合目

今季累計           337839

1試合平均            17781

過去通算          5139805







blog0403.JPG






posted by よしだけんた at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 観客動員2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。