2009年06月01日

雑感。

先日の観戦記で書きもれていたことがあったので
少し書いておきます。

先日観戦した砂被り席について。
砂被り5.JPG

砂被り席には、基本的にはベンチ寄りと正面寄りに二箇所の出入り口が設けてあります。
しかし、実際に出入りが出来るのはバックネット寄り側の一ヶ所のみ。
ここに検札の係り員がいてチケットをチェックしています。
もう一方の出入り口は?というと、ネット遮られていて塞がれているので
実際には出入りをすることができません。

そこで何が問題なのか? というと。

砂被りエリアに横移動ができる通路が無い ということなのです。

つまり、
いちいちどこかの列のお客さんの前を横切って出入り口に行かなくてはならないのです。


左右に出入り口があることが前提で座席が設置されているので、
左寄りの座席の客は左の、右寄りの座席の客は右の入り口から出入りするのが本来の姿。
しかし、ベンチ寄りの入り口が使えないので、正面寄りを使うしかなく、
奥からそこへ行こうとすると、横通路が全くないのでどうしても座席の一列を通る必要があるのです。
多くの人は、前の人の邪魔にならないように一番上の座席列を通ります。
ここに座った人は、かなり苦痛に感じるのでは?と思い恐縮しながらその列を通りました。

これは、残念な現象ですね〜。
アルバイトの人件費の問題にもなるのでしょうが、折角の高額の席なので、
それくらいは、人を配置して少しでも快適な観戦が出来るように配慮をしてもらいたいと感じます。

これは構造上の欠陥というよりは、運用の不備です。

何とか改善していただきたいものです。




posted by よしだけんた at 22:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。