2009年02月10日

広島市新年度予算


昨日のアストラム新駅の話題も新年度予算の関連でしたが、

本日の新聞に 広島市新年度予算案が掲載されました。

その中で 新球場関連の予算について 載せておきます。



まず かなり大きな見出しで書かれていたのが、

●『新球場に太陽光発電  プロ球団初』
工事費9400万円を予算に計上。
今シーズン終了後、球場屋根に太陽光パネルの設置工事に着手。
2010年春の稼動を目指す。
電力量は、一時間当たり100キロワット。
ナイター一試合分の3.3%


その他では、昨日記事にした、
●JR広島駅の南北を繋ぐ自由通路の設計費 9503万円

●新球場施設整備・管理運営 26231万円

●西蟹屋プロムナード施設整備 80万円

●新球場への歩行者用道路整備 15250万円

●ヤード跡地地区開発等の推進 1359万円

などです。
細かな内容については書かれていないのでどのようなものに使われるのかは不明ですが。
歩行者用道路の整備には、以前に言われていたペデストリアンデッキの費用も含まれるのでしょうか。
気になるところです。

市議会jは16日開会。注目してみたいものです。







posted by よしだけんた at 23:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アストラム新駅予算

中国新聞より。

アストラム新駅へ予算計上 というような記事が載りました。

以前に、こんな記事 や こんな記事 を 書いたことがあります。

45億という建設費用の問題が最大のネックになっていたのですが、

このたび 広島市が 初期段階とは言え流動調査の予算を計上したよいうことは、

国との話し合いが積極的な方向を向いてきており という市長の発言もあり

それなりの手ごたえを感じているのでしょうか。


ここが連結されると、安佐南区方面からの広島駅へのアクセスが格段に早くなるのではないでしょうか。

ということは、おのずと 新球場へのアクセスも改善されるということ。

アストラム沿線の住民の方にとっては、紙屋町経由の広島駅の無駄が省けますね。


実際にはどうなるかわかりませんが、この一歩が完成に向けての始まりになればと

期待しております。



追記

本日の新聞にて WEB版にはないコメントが載っておりました。

市都市交通部は、
『調査とともに事業の枠組みを検討し、国補助を受け2010年度には事業化したい。』
とのことです。
2010年度ということは、来年度。
かなり進んだ計画なんですね。

今後は 市・JR・広島高速交通の3者での資金負担割合協議が鍵になるとのこと。
やはり、行き着くところは資金の問題ですね。
posted by よしだけんた at 00:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。