2008年11月26日

新たな魅力作り

本日の夕方のニュースで

広島市が新たに発表した球場の魅力作りの施策についてやってました。

JR側、レフトパフォーマンス席の裏あたりに掲示板を作り、

列車から試合の経過がわかるようにするとのこと。

詳細は検討中としながらも 横5.7M 縦3.2M
イニングや得点を表示。
試合が無いときには行政情報や観光情報を表示予定。

また、駅からのスロープでは屋台などの物販や催しなどを開催できるように

広島市西蟹屋プロムナード条例案を提出。

次の市議会で決まるようです。

場所の使用は許可制。物販などに使用する場合は使用料が必要とのこと。





で、中国新聞にも速報が出ていました。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200811260273.html

しかし これを読む限り 

屋台やイベントは 試合の無い日に限り となっていますね〜。。。

試合の無い日に人を呼び込もうという案なのかも知れませんが、

その屋台やイベントだけのために果たしてどれくらいの人が足を運ぶでしょうか?

やっぱり 試合の開催される日に その周辺で賑やかな屋台やイベントをするほうが

余程の効果があると思うのですが。。。

なんかもう少し考えられないものでしょうか。。


追記

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200811270022.html

詳細の書かれた記事にリンクしときます。

で、この中の地図にある掲示板の位置ですが、

TVのニュースではパフォーマンス席の裏側と言っていたのですが、
この図では 左中間の照明塔あたりになっています。
果たしてどちらが正しいのでしょうか。
照明塔あたりのほうが視界は良いような気がしますね。
posted by よしだけんた at 19:57| Comment(17) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする