2008年11月15日

提言『NO MYCAR キャンペーン』

新球場へのアクセス悩みの種 (中国新聞)

'08/11/16
来年4月10日、広島東洋カープの開幕戦を迎える広島市南区の新球場(収容人員3万350人)の交通アクセス問題に市などが頭を悩ませている。渋滞を避けるために徒歩で来場を呼びかける構えだが、3万以上の人の波がどう押し寄せるのか予想し切れない。球場側、野球ファン双方が不慣れな初期は混乱の恐れもある。  JR貨物ヤード跡地に建設中の新球場周辺はもともと道路が狭い。昨年10月の市の混雑度調査では、球場南側の大州通りは1.65、JR線の北側のあけぼの通りは1.61と基準(1.0)を大幅に上回った。JR広島駅北側の若草町地区などでは再開発も進む。「完成後、パンク状態である混雑度1.75を超す可能性は否定できない」と市道路部。
 市も渋滞対策は講じている。球場から市中心部への経路となる市道・段原蟹屋線(310メートル)は前倒しして来春に開通させる。大州通りは球場南側の約390メートルを片側1車線から同2車線に拡幅する。しかし地域の不安はぬぐえていない。
 広島市民球場の観客アンケートに基づく試算は「新球場には最大約8700人がマイカー約3480台で訪れる」。これに対して市は駐車場を当面350台分しか整備しない。試算通りならあふれた3000台余りで交通がまひする。



こんな記事が載りました。

新球場へのマイカー乗り入れについて。

この問題は、計画の段階から言われていたこと。

いまさら・・ という感も否めません。

現段階で用意される駐車スペースは  350台。

これ以上、球場では収容できないのです。

このスペースも入場チケットとのセット販売。
この券を持っている人以外は駐車できないのです。

この現実を受け入れるしかないのです。

市の対応が・・・  とか、 道路整備しろ!! とか  電車の駅を作れ!! とか

仰りたいことはたくさんあると思います。

しかし、来年4月にはどうしても試合は行われるのです。

そのために、現時点で出来ることは何なのか? と考えたとき 
結論として、


チケットを持たない観客は 

球場周辺に



車両を



乗り入れない!!!




これを徹底するしかないのです。


確かに 遠くから来られる方々は車で広島市内まで来られるでしょう。

しかし、残念ながら球場まで来ても停める場所がないのです。

皆さんにそれをご理解いただき 

駅周辺、八丁堀周辺、紙屋町周辺のパーキングを利用していただくと

お願いするしかないような気がしています。


先日 球場近くのビックカメラで買物をしたときに店員さんに、
雑談の中で球場について話を振ってみました。
駐車対策はされるんでしょうね? と問いかけたところ、
『今の所、対策の話は出ていませんが当店のお客さんが停められないというのは一番困るので、
何らかの対策を考えることになるでしょうね。』
と仰っていました。

そもそも、大州通りの蟹屋周辺が混雑するわけですから、
観戦客には事前にマイカーも乗り入れを自粛するようにアピールしなければなりません。

多くの人の協力があってこその渋滞対策です。
自分さえよければ ではなくて ここはカープファンの協力で何とかこの問題をクリアできないでしょうか?

渋滞の原因は もちろん一般車両だけではありません。
タクシーの客待ち、周辺商店の車両、荷下ろしの車両 等々 いろいろ原因はあります。

ですから警察、地元住民、交通機関などが一体となっての対策が必要ですね。


このブログでは マイカー乗り入れ自粛を アピールしていきたいと思います。

これをお読みいただいて賛同をいただける方は 是非よろしくお願いいたします。




posted by よしだけんた at 22:05| Comment(30) | TrackBack(0) | 課題提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。