2008年10月18日

現地レポ@本体工事vol.47:スロープ


今朝、風船の記事を書いたあとに昼ごろから行ってみましたよ。

全景
二階席の床は三塁側はほぼ出来たようです。
正面の壁、前よりもはっきりとわかるくらい形になってきました。
全景1018



正面


別角度。大州通り沿いから。
正面2



見学スペースから。
見学スペースから1


ちょうど、昼休憩の時間が終わったころで、多くの職人さんたちが持ち場に行かれるところでした。
休憩時間




目の前のクレーンにはパフォーマンス席へ取り付ける階段が設置されていました。
作業が始まるのを待っていましたが、なかなか始まらず。。
断念してここを後にしました。
階段4


一塁側二階席に上がる階段。
ここから作業員の方がグラウンドを眺めておられました。
さぞいい眺めだろうな〜と思いつつ。
階段5




そうこうしてるうちに、別のクレーンで作業開始。
パフォ席の柱を設置する作業です。
クレーン1

クレーン2

クレーン3



今日も外野後方に行ってみました。
先日と変わったところは、外野スタンドに上がるスロープらしきものが設置されていました。
少しだけ見えるオレンジの部分がその鉄骨です。
外野から16


車両入り口からみると良くわかります。
スロープ工事4

近くからの画像。
スロープ


そして、いよいよメインアプローチ入り口の基礎工事が本格化してまいりました。
メインアプローチ1

メインアプローチ2


そして、今後の情報ですが
9月30日〜3月16日までの予定で、
駅からのスロープの第二期工事が始まるようです。
これが、告知の張り紙。
第二期工事
球場以外の最も大きな工事がいよいよ始まりますね。
これで、実際の形に大きく近づきます。




最後におまけ。
北側道路を歩いていると、ライトパフォ席の柱を積んだトレーラーが!!
トラック





今日は以上です。






posted by よしだけんた at 15:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 現地報告(本体工事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風船、存続される?

こちらも 中国新聞より。

現球場の応援風景に欠かせないものとなっている ジェット風船飛ばし。

以前、こちらのブログでも話題にしたことがありますが。

JRの線路に非常に近いということでおそらく禁止になるのでは?という憶測を書きました。

しかし。 

本日の記事によれば球団側は風船をあまり飛ばないものに改良して存続する方針も模様。

既に、8月から改良に着手。いろんなものが考えられているようですね。

年間55万本を販売する商品ならそう易々と手放しませんよねw

一体、どのようなものになるんのでしょうか?果たしてファンの満足できる商品になるのか見ものです。



しかし、記事の最後にあった一文が引っ掛かります。

球団は、風船の飛び出しを防ぐネットの設置も検討中。

え!! ネット設置???

あの防球ネットより他に またネットを設置するの?

風船を防ぐにはそれなりの高さが必要ですが。

出来ることならば、この美しいデザインの球場に

またへんなネットなんか付けないでほしいものですね〜。

ネットよりも風船改良で何とかなりませんかね。



と、こんな記事を書いていたらまた現地に行きたくなりましたよ。

ちょっくら 行ってきますかね。またレポしますw
posted by よしだけんた at 08:47| Comment(16) | TrackBack(0) | 球場運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス道 歩行者専用に


本日の中国新聞朝刊によりますと。

以前より検討事項とされていた 広島駅からのアクセス道の取り扱いについて、
広島市は、試合開始前と終了後1時間を、歩行者専用道路にする方針を固めた模様。

周辺の町内会との協議も進めており、
昨日の中国新聞特集記事にも登場されていた町内会長の石津氏も
『車が通れないのは住民には負担だが、観客のためには仕方が無い。
人通りが増えることで町に活気が出て欲しい。』
とおっしゃっております。

アクセスに関しての問題の少しずつ解消されつつあります。
あとは、歩行者道になった時の愛宕踏切の交差点をどのように対処するのか 
という問題が最大の課題でしょう。


また、以前から公表されていた歩道のカラー舗装工事も近く始まるようです。

周辺も徐々に完成に向けて準備が進んでいきますね。




posted by よしだけんた at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 周辺施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。