2008年10月09日

『津田プレート』新球場へ

 広島市民球場の一塁側ブルペンの柱に設置されている故津田恒実投手を顕彰する銅板、通称「津田プレート」が、来春オープンする新球場に移設されることが、9日分かった。

 広島市民球場ではプレートの一般公開を行っており、見学者が殺到している。球団幹部は「新球場でブルペンに設置するか、コンコースに設置するかはこれから検討する」と話した。 (デイリー)


現球場のブルペンに掲げられている 『津田プレート』が 新球場へ移設されるようです。

球団幹部の話では ブルペンに設置するかコンコースに設置するかはこれから と。


ここで疑問。

なんでコンコース??????

津田プレートの意味を考えれば 普通にブルペンでしょ。

津田投手の意志をカープの投手陣に受け継いでもらうため。

理由はこれしかないでしょ。



もっと言うとですね。今、現球場に津田プレートを見に来るひとが増えているのは、

今年で幕を下ろす市民球場にある津田プレートを見ておきたい 

という思いからなのだと思うのですよ。

ですから、この思いは特別なのであって、

言い方は悪いかもしれませんが、ファンが日常的に目に触れるところにあると、

その価値も落ちるような気がしてなりません。

津田投手の意志はやっぱりもっと高いところにずっとあって欲しいのですね。


まったく この球団の考えることは よくわかりませんね。

とにかく バカなことは考えないで 

しっかり ブルペンに設置してください!!!



posted by よしだけんた at 22:32| Comment(12) | TrackBack(0) | 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。