2008年05月27日

現地レポ@本体工事vol.23:夕暮れ

先日の日曜日。 由宇にファームの試合を観に行き、帰ってから
夕方に 寄ってみましたよ。

例の北側の車両入り口から。
しかし、そこの様子が 先日行った時よりもさらに変化しておりました。

先日予想したとおり、その入り口は工事車両等の最終で入り口になるようで、
土地が盛られて、地盤の上に鋼材が敷かれて、車両の足場が出来ておりました。
また、柱の工事も始まりつつあり、木枠なども置かれているために、
一塁側が見通せていた視界もさらに悪くなっております。
レフト側

センター方向

前回の写真と比較してみたら一目瞭然です。5月18日の画像です。
外野から3

こんな具合ですから、ここからの眺めもおそらく日に日に見渡せなくなることでしょう。
工事が進むのは嬉しいのですが、至極残念ですね〜。



で、一つ気付いたのですが。
この写真は バックネット裏辺りです。
バックネット裏

よく見ると、スタンドの最下部の様子を見ることができます。
部屋のような空間がありますね。
あれは、場内の放送室や審判室になると思うのですが。
で、断面図を載せてみます。

断面図1.JPG

あそこも下は砂被り席のように掘り込まれているのですね。
そして、現球場のようにセンターカメラから映す映像にはネット裏に部屋が映ることになるのでしょうか。
部屋の窓枠の上のコンクリ部分が広告スペースになるのでしょうね。
で、断面図を見て気になったのですが、
ネット裏最前列の座席に対して、前の壁の高さがかなり高いようなのですが?
正確な縮尺が分からないので何とも言えませんが。。
この絵を見る限り、座った観客の肩あたりまで、壁があるような気がします。




あと、例の大州通りからの進入路。
歩道の工事が始まったようです。歩道部分が少しだけ掘られて整地されていました。
歩道1

歩道2



最後は いつものパノラマ風に。 

パノラマ25


今日は 以上です。


posted by よしだけんた at 03:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 現地報告(本体工事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。