2008年04月22日

現地レポ@本体工事vol.16:少しだけ

本日 用事で近くを通ったのでついでに 少しだけ現地に寄ってみました。

写真も今日は少しだけ載せてみます。

一番の変化。
スタンド下半分ぐらいにコンクリが打たれています。
三塁側3


この写真でわかるのが
コンクリを打つ前の鉄筋が張ってあるところ。
その他のところはまだ板のまま。
三塁側4

これが先日の状態。
三塁側



そして外野にも鉄筋の柱が立ち始めました。
センター


おまけ@
今日は北の車両入り口からの写真を。
一塁側1


おまけA
大州通りからの侵入路。殆ど出来てます。
ローラーで固めてます。あとはアスファルト舗装だけ!?
舗装


今日は こんな感じです。
posted by よしだけんた at 21:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 現地報告(本体工事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩行者動線 市から回答

先日 市の入札で 『新球場歩行者アクセス構造検討業務』 というのがあったのですが、
それに対して 具体的にどのようなものか質問しました。
また、今後の歩行者動線整備についてもきいてみました。

本日 それに対する回答かありました。

まず 自分としては初めて聞いた情報がありましたので書いてみます。

新球場のオープンにあわせて、JR南側市道の既存の道路を活用して、歩行者空間を整備したいと考えておりますが、試合開始直前や終了直後には多くの入・退場者が一時的に集中すると予測されるため、JR南側市道を一時的に歩行者専用道路に交通規制して、歩行者が安全、快適に来場できるように県警と協議しています。
 
 しかしながら、交通規制は周辺住民の方々の生活に制約を加えることになり、将来に渡って規制を継続することは望ましくないこと、さらに広島駅周辺の回遊性の向上を図り、Cブロックなどを含む広島駅南口地区の街づくりを促進する必要があることから、
新球場完成以降の対策になりますが、いつでも快適に歩くことが出来る新たな歩行者空間の整備について検討しています。

ということです。

この文章を読む限り、当面は人が集中する時間帯は歩行者専用道路にして車を排除して安全を図る。
ということみたいですね。
どれくらいの時間帯に規制が行われるのか 具体的にはもう少し時間が必要なのでしょうか。

で、新たな歩道整備は将来的なものになる と考えていいのでしょうか。
これはCブロックの開発と連動させて整備するということですかね。
ということは、現状の道路の歩道拡幅はどうなるのでしょうかね?
一応やっておかないと、車が通行するときの歩行者の安全が守られませんね。

一応、現段階での状況がわかってきたので安心です。
それにしても、車両通行止めとは 考えつきませんでした。
つまり、整備しようとしても 例の愛宕踏切と荒神陸橋の対応がネックになって最善策が見つからなかったということなのでしょうか。


具体的には今後発表されるのでしょうが、それを待ちたいと思います。
posted by よしだけんた at 00:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 周辺施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする